スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袋井花火大会

一昨日は袋井の花火大会に行っておりました。今年初めての花火です。
写真を撮ってきたので、垂れ流そうかと。

XZ-1では初めての花火撮影となったわけですが、CX1よりずっと撮り易いですね!
キーポイントは「シャッター速度優先モード」
花火ってのは数分の一秒のシャッター速度での撮影では、どうも地味な写真になってしまいます。
連続的に変化しているからこそ、迫力が生まれるんですよねたぶん。
そこで、長い間シャッターを開けてやれば、その連続的な変化を一枚の絵にすることができます。
まぁ、できた絵というのは綺麗ですが、視覚で捉えた絵とは違ってはきますけど^^;
で、なぜXZ-1が使い易かったのかというと・・・
長くシャッターを開ける=像が明るくなるという当然のことが花火撮影では厄介でして
花火の光量は十二分なので白飛びしたり、空が明るくなってしまったり。
CX1でシャッター速度を上げると、素直に明るくする方向に持っていくので
露出補正を弄らないといけないわけですが、花火の明るさも各々でなかなか調節が面倒な。
XZ-1の「シャッター速度優先モード」の場合
シャッター速度を変えるとF値も一緒に変化させ、自動的に露出を最適化してくれます。
焦点深度の変化なんかは花火じゃそんなに問題にならないですしね。

問題だった点としては、AFでしょうか。XZ-1にしろCX1にしろ。
焦点距離合わせや測光にはちょいと慣れが必要かもしれません。
MFで設定すればいいのかもしれませんが、僕にはまだ出来ません^^;

鑑賞場所は会場北側の堤防です。
有料観覧席と川を挟んで逆側でしょうか。
初めて行くものですから、最初10時過ぎに自由観覧席の方へ行ったのですが
10時から場所取り可にかかわらず、不安を覚えるほどの人の少なさ。(汗
少し歩き回っていたところ、その堤防沿いに多数の場所取りを発見。
視界も開けていて、仕掛け花火も見えそうな素晴らしいロケーション。
まぁ、時すでに遅し感があり、殆ど埋まっていたのですが、後ろの方でどうにか確保。
ここは10時に解禁のエリアなのだろうか。来年も行くのであれば、場所取りはここで。

あとはgdgdと垂れ流していきますよと。
シャッター速度:4sec(一部8sec)
露出 : ±0EV
ISO : 100
F値 : AUTO
解像度 : 10M(F)→1200×800
WB : AUTO
撮影機材 : OLYMPUS XZ-1 (※三脚+レリーズ使用)

ちなみに・・・
本花火大会では、一部エリアを除いて、三脚の使用は原則禁止されています。
後ろに誰もいないことを確認し、カメラの位置は自分の前、高さを座高程度にし、三脚を使わせて頂きました。
周りへの迷惑については最大限配慮しましたが、もし迷惑された方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。