スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化祭終了~

まぁ、無事(?)済んだのかな。
僕は4年間、この学校にいて過去最高に働いたよーな気がします。

文化祭の日に起きたトラブルでも紹介。
身内ネタというわけじゃないですが、たぶん大方の人には分からないと思います^^;


うちの展示で、蛍光X線による物質測定っていうのをやってたんです。
初っ端から一般人放置プレイコースでごめんなさい。

端的にいうと、モノを入れるとそれがどんな物質でできているのか一発で分かるという、便利な機械がありまして、それを使ってお客さんのアクセサリーなどの本物鑑定をしようという企画です。
まぁ、普通の学校の文化祭じゃこんなことしないんでしょうけど、うちの学校は工学系なのでね~。こういうことが僕のいる学科の専門分野なんです。
ちなみにこの機械、価格は1000万円を軽く超えるそうで、そんなものを教室に置いておくなよ、という話ですが、使っている僕らもドキドキですw

操作方法を知っているのが僕ともう1人しかいないので、交代で当番していました。
まず、僕が1日目の朝一だったので、操作確認がてら自分の時計を測定してみることにしました。
以前紹介したタングステン製の時計です。
前々から質とか純度とか気になっていましたので、良い機会だなっと。

時計は一応精密機械なので、こういう機械に入れて大丈夫なのかとも思いましたが、先生に質問したところ、「全然大丈夫だよ( ̄ー ̄)b」とすごく気持ち良い返事が返ってきましたので、それを信じることにし、勇気を持って測定開始。

途中で機械のALERTランプが点灯
これは何が起こったのか、先生に質問しても、よく分からなかったものの、とりあえず結果が出ていたので、先生がもう終わったのかなと言ったので、とりあえず時計を取り出しました。
取り出したときは気が付きませんでしたが、少しして先生が異変に気づいた。
機械内にガラスの破片が・・・。
「え?」と思い、時計を見てみる。
風防ガラスがねぇwww

P1000302.jpg


どうも測定時に機械内を減圧するので、そのせいで時計内外での気圧差が生じ、風防ガラスが吹き飛んだらしい。
だから、あれほど(ry
先生自身、時計は何回か測ったことがあるそうですが、こんなことは初めてだということ。
先生「防水が強すぎたのかな?」
僕「いや、たった3気圧の生活防水ですよ^^;」

まぁ、時計が壊れた原因はイマイチ分かりませんが、それ以上に心配なのは機械の方ですね^^;
測定する穴がありまして、そこの中にガラス片が入っていたら、一発で終わりだそうです。
調整に何十万とかかるそうですね・・・。
前日準備をしている最中に、某怖い先生に「絶対に壊さないように!」ときつく言われていたので、一緒にいた先生共々皆焦る(゜Д゜;)

とりあえず、ガラスが入り込んでいたらSi(ケイ素)が検出されるはずだ、ということでいろいろと試験してみる。
展示に使っていたSn(錫)やS45C(0.45%の炭素を含む鉄)を試験した結果、いずれもSiが検出・・・。
Siは不純物として混合していることが多く、その可能性もあったため、最終手段として先生が所有している超高純度のNb(ニオブ)を試験にかけてみることに。
これでSiが検出されたらヤバイ。
緊張の結果発表・・・Nb100%、Si検出されず!
ホッと一安心。

機械は壊れてなくて良かった良かった。
時計の修理費は学校が負担してくれるような話だったので、そのうち直します。



最後に測定結果でも載せておきますね。

↓Technos T6854
RIMG0453.jpg
今回壊したタングステン製の時計ですね。
ガラスが割れた後、もう一回測定してみました。
約88%がW(タングステン)ということで、殆どがWということです。
先生に見せたところ、色的にはWC(タングステンカーバイド)らしいですね。
この機械ではNa(ナトリウム)より重いものしか検出されないので、C(炭素)は検出されません。
Ni(ニッケル)がけっこう含まれていますから、W-Ni合金なんでしょうか。

↓ATH-CM7Ti
RIMG0454.jpg
イヤホンも測れるようです。
CM7Tiの棒の部分を測ってみました。
ほぼ純Ti(チタン)で間違いないですね。
Va(バナジウム)とかCa(カルシウム)とか含まれているはずはないと思うんですが・・・。
含まれていないはずの物質が微量だけ誤検出することがよくあり、それらは結果時に消してしまうんですけど、今回のVaやCaは消すにはちょっと量が多すぎのような気がしたので放置しておきました。


特にネタが無かったので、専門ネタに走りました。
一般の方にはさっぱりですよね^^;サーセン
文化祭のときに何回か質問を受けましたが、なかなか伝わらなかったです^^;
そもそも僕自身がしっかりと理解できてないので、説明なんて無理なんですよ・・・。

最後に
時計を蛍光X線装置に入れるのは注意しましょう!(←誰がするんd(ry

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。