スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車旅行~青山高原・布引の滝~

あぁ~、今日からバイトでした・・・。
某食品工場での年末年始の短期バイトです。
忙しいけど、そのぶん時間の経過は早いから、ある意味良いかもw
・・・やっぱり大変だけど。

昨日はちょいと自転車で出かけてきました。

行き先は、三重県青山高原の布引の滝です。
メンバーはいつもの3人、近鉄東青山駅まで自転車で行き、そこから歩いて布引の滝を目指しました。
一応、三角点を目指すプランもあった(友人が無理矢理作った)のですが、僕ともう1人の友人の猛烈な反対に合い、却下されました(笑)

↓布引の滝
RIMG0189-1.jpg

これは滝見台から撮影した写真です。
ホントは一番下まで降りて行って見たかったのですが、実はこの時、結構な雨が降っておりまして、石段が滑りそうだったので断念しました^^;
でも、雨が降り出したのが、滝見台に着いてからで良かったよ・・・。
しばらくそこで雨宿りをしてました。

山の天気は変わりやすいのか、そのうち止んでいき、無事帰路に付きました。
行きは東青山駅行きのルートを通りましたが、帰りはルートを変えて、四季の里行きのルートを通ってみることに。“ある目的”のために。

その目的とは・・・

↓これ
RIMG0192-1.jpg

旧青山トンネルですw
まぁ、どうも心霊スポットでちょっと有名っぽい。
向かい合うように2つのトンネルがあって、どっちかが青山トンネルでどっちかが総谷トンネルかと思うんだけど、実際に鉄道事故があったのは総谷トンネルの方らしい。
入ったのはどっちか分かりません^^;

友人の2人とも、入るのはかなり躊躇ってました。
ってか、この旅行を計画してるときに、ここ行こうって言い出したのは友人たちなんですけどw
まぁ、せっかくだからと入ることにw
僕は特に霊とか信じてないので、そこまでの恐怖心は無く、僕が先頭で。流石に1人で入ってくのは嫌だったけど。

しばらく進みましたが、やはり噂通り、全く出口の光が見てきません。
そう、どこまでも闇が続くように。
入り口の光がだいぶ小さくなったあたりで、友人が引き返そうと提案したので、「この辺が潮時か」というわけで戻りました。
まー、特に何もありませんでしたよ(笑)


東青山駅まで戻った後は、少々駅のベンチで休憩し、次は猪の倉温泉に行きました。
駅から猪の倉温泉は4.7kmなので、そんなに遠くはないですが、猪の倉温泉の門みたいなやつを通り過ぎてからの道のりは自転車にとっては地獄そのもの。
これでもかというくらい急傾斜の上り坂が続きます。
ギアをかなり落として、のんびり走行で乗り切りましたが。引いて歩くよりこっちの方が楽だからね~。MTBさまさまって感じ。

それから温泉に浸かって、かなり遅い昼飯を食べて・・・。
帰りですが、自転車で帰るか、電車で帰るか、2通りの意見が出ましたが、金銭的問題と自転車をバラすのがメンドクサイということで、結局自転車で帰ることに。
この時点で午後6:00、すでに外は真っ暗です。
さっき急傾斜を登ってきたということを書きましたが、帰りはその逆です。
街灯も少ないですし、はっきり言って、かなり怖かった。
だって友人2人ともかなり飛ばすんだもの^^;
僕は自転車のブレーキ性能に自信が無かったので、そこそこ安全走行。離されない程度にですが。

そんな高速走行のおかげか、なんと帰りは1時間20分で帰ってきてしまいましたw
ちなみに行きはルートも確認しながら行ったので、ロスも大きいかと思いますが、3時間弱かかってるんですよね。
総走行距離は、行き帰りとも32,33kmだったと思うので、東青山駅-猪の倉温泉の間も合わせれば、だいたい70kmくらいでしょうか。なかなかの距離ですね^^;


あー、バイトの前日に何やってたんだろ・・・w
足がダルいよー。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、4月に近鉄週末 フリーパスを利用して、
始めに伊賀上津駅又は西青山駅から東青山えきまで歩いて
序でに近鉄旧総谷トンネルにも行こうと思いますが、
途中の道では野生動物は見ることはできるのでしょうか。

No title

コメントありがとうございます!
初めまして。

野生動物ですか。
僕が歩いた限りでは、出会いませんでした。
鳥くらいならいましたが、珍しいものかは?です^^;
青山高原に行ったのは今回が初めてなので、分からないというのが正直なところで、あまりお力になれそうにありません。すみません^^;
プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。