スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語読み終わった。

まぁ、先日書いた記事以上のことは大してありませんが^^;

読み終わったとき思ったのは、寂しいなぁということ。
面白かったまったり系アニメが終わるときに同じように感じることがあります。
暦と他の女の子との掛け合いが、とにかく面白かった。
確かにいろいろ考えても読めるけど、ただ会話を楽しむだけでも十分価値のある本だったと思います。筆者自身も、あとがきで馬鹿な掛け合いを楽しんで下さいと述べていますしねw
ちなみに僕が一番面白かった掛け合いは、暦×真宵ですね。暦自身も話していて一番面白いと言っていますが、第3者から見てもやっぱり真宵との掛け合いが一番面白いですw

もう1周は読みたいと思っています。
ストーリーを十分に理解するためには、もう1周は必要かなっと。
いずれは「傷物語」「偽物語」も読みますが、やはり少々値が張るので、買うのは当分先になるかと思われます。(「化物語」には十二分に満足はしていますが、もうちょっと安くならないのかなぁとは思いますね^^; まぁ、一般的な相場は把握していませんが)

あと、今回初めて小説というものをしっかり読んで分かったことは、やっぱり文章(本)は苦手だなぁということですね・・・^^;
読み終わるまでけっこう時間がかかってしまいました。
慣れなのかも知れませんが、面白いとはいえ、読んでいると疲れてくるんですよねぇ。
目とか腕とか・・・。

まぁ、これから文章にはできるだけ触れ合おうとは思いますけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

読み終わりましたか~^^

そうですね・・確かに寂しいです。
もっと暦たちを見ていたい気持ちになりますね。
ちなみに、全シリーズ読むと更にそんな気持ちが強くなります。
そんな私たちのために、今年、続巻が出ますけどね^^

暦は、真宵が現れてからどんどんキャラが崩れて行ってますよねw
初めの方は、もうちょっとシリアスな人だったのにw

私も今はそんなに小説も読まないですが、化物語は読むのに時間かかる方だと思いますよ。
なんというか、一字一句読み逃せないので^^;

No title

やっぱり寂しくなりますよね。
お。続編ですか。
ちょいと調べてみたら「傾物語」「猫物語」というのが出るんですね。
「傾物語」が真宵で、「猫物語」が翼だそうですね~。
とりあえず僕は「傷物語」と「偽物語」を読むのが先ですが、そちらも楽しみにしています^^

「つばさキャット」にて久しぶりに暦が真宵に合うとき、あれは爆笑しましたw
暦ってこんなキャラじゃねぇだろwwwと。

確かに伏線を探りながら読まないといけないので、その点は時間がかかるかもですね。
でも、やっぱり本を読むという動作に疲れるんですよね^^;
長い時間ずっと読めないといいますか。

No title

個人的には、翼の話がもっと知りたいので、有り難い限りです^^

何度も繰り返される「落ち着け⇒はっちくじ~~~」のコンボww
もう完全に、変態ロリコンと化してましたからね。

そんな暦くんですが、偽を読むと、蕩れますよ~。

No title

化物語では、あまりGWの出来事については詳しくは述べられませんしね。確かにどういう経緯があったのか気になりますね~。

あのシーンのとき3回くらい往復して読んだのはいい思い出w

偽物語ですか。妹さんの話なので、やはり暦くんの活躍が大きいのですね。時系列的には化物語の後ということで、メメは出てこなさそうですし。

No title

偽は、ファイヤーシスターズの話ではありますが、同時に、それ以上に暦の話しでもあるなっと、思いますよ。

こんな格好いい兄貴いないよ、と思いつつ、蕩れます。
うーん、そんな話をしていたら、読み返したくなってきたw

No title

そうなんですかー。
暦くんに蕩れる日を楽しみにしてますw

僕は今、「化物語」を2週目読み返し中です。
ちょっと調子に乗って、他の小説類も少し買っちゃったので、平行して読んでる感じですが^^;

No title

明日、とある試験を受けてくるので、それが終わったら私も2周目解禁しようかと思ってます。

私は他の西尾作品に手を出してみたいのですが、なかなか時間が^^;

No title

その試験、無事受かられたようで何よりです^^

妹が刀語を読んだことあるって言ってたような。化物語は読んでないようですが。
僕もちょっと興味はありますがね~。

No title

はい!無事、受かりました^^
ありがとうございます。
ギリでしたけどねw

刀語は、書き貯め無しで一ヶ月に一冊ずつ刊行、という独特な刊行方法だったらしいので、そのあたりのテンションというかどういう感じで書き進められたのだろうという興味もあるんですよね~。

No title

ギリでも受かっちゃえばこっちのモノですよb

面白そうな刊行の方法ですねー。
まぁ、僕は数が多すぎてイマイチ読む気になれませんが^^;

No title

刀語は、一冊が化物語の半分くらいっぽいですが、それでも12冊ですからね^^;
今から読破していくには、ちとキツイ量なのは確かですね。
プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。