スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVDオーディオを試してみた。

すでに廃規格ですけどね・・・^^;

前々から興味はあったのですが、何となく作ってみることに。
DV-800AVは幸いDVDオーディオの再生に対応していますので。
DVDオーディオ化したCDはコレ↓
RIMG0532.jpg
霜月はるかの「音のコンパス」と「導きのハーモニー」を1枚に。
「導きのハーモニー」は先日購入したものですが、かなり気に入ってしまい、これからずっと聴いていくと思うので、原盤を傷ませないためにコピーしようと思ったんですよ。でも、ただコピーするだけじゃつまらないので、DVDオーディオ化してみた次第です。
「音のコンパス」と組み合わせたのは、88.2kHz/24bitにアップサンプリングして焼こうと考えていたので、ちょうど時間的(容量的)にピッタリだったからですね。なぜ最高音質の176.4kHzにしないのかについては、DV-800AVの同軸出力はDVDオーディオの再生は88.2kHz(96kHz)までしか対応していないからです。今はRCA出力なので176.4kHzの方が高音質ではあるのですが、将来的にDACの購入も視野に入れてって感じで。

使用したディスクは、以前から愛用している太陽誘電の録画用。ハードコート仕様。
ソフトは、CDのリッピングを「Exact Audio Copy」、アップサンプリングとISOイメージの作成をDigiOn社の「DVD-Audio」、DVDへの書き込みを「DVDdecrypter」で行いました。
「DVD-Audio」は30日無料体験版です。体験版とは言っても製品版はすでに販売終了しているので、本当に30日間限定ですけどね・・・w
まぁ、廃規格だけあってなかなか良いソフトが見つからず・・・。
他にもソフトがありましたが、使い方が自分にも分かるのはこれだけでした^^;
所詮は期間限定の代物なので、普通のフリーソフトで作れたら良かったんですけど・・・。

最初、「r8brain」というソフトでWAVのアップサンプリング、「Free Create-Burn ISO Image」でISOの作成してみたんですが、これだと駄目でした。たぶんDVDオーサリングとやらを行わなかったためかなぁ。そもそもDVDオーディオがどのようなものなのかあんまり理解できてないですので^^; 少なくともWAVをISOにまとめて焼くだけじゃ駄目だったってことです。(DV-800AVではDVDとは認識したものの再生できなかった。)

当然、「DVD-Audio」を用いて作成したISOを焼いたものは認識されましたよ。
RIMG0537.jpg

先に原盤CDを聴いてみました。
「音のコンパス」なんかは何十回と聴いているので、聴き慣れた音です。

次に今回作成したDVDオーディオ。
お!?
本当に音が変わった・・・!
音が柔らかく滑らかになりました。
元のCDをもう一度聴くと粗さを感じるくらい。
でも、これで音が良くなったかは微妙ですね。
逆に粗さを感じられないのも違和感があるものです^^;
まぁ、CDの粗さっていうのも以前は感じなかったことですが。
他に違いを感じた点としては
・音場が少し広くなって奥行き感が出た。
・音が鮮やかに感じるようになった。
・ドンシャリ傾向?
あたりでしょうか。
けっこう音が変わってビックリ。

う~ん。でもやっぱりちょっと違和感の感じる音。
SACDだとCDと比べてもここまで違和感を感じることはないんだけどなぁ。
ハイブリッド盤のSACDをDVDオーディオ化して比べてみると面白いかも知れない。
ソフトは30日間しか使えないしw、そのうちやってみようかなー。
作成にはけっこう時間がかかるので、気が向いたらですが。

(追記)
普通に考えれば、SACDと作成したDVDオーディオじゃ比べるまでもないな^^;
あくまでも製品版と自作ですからね。しかも自作DVDオーディオはあくまでも44.1kHzからのアップサンプリング、製品版SACDは録音から176.4kHz(192kHz?)なんだからなぁ。例えるならDVDとBDの差。いくらDVDをアプコンしてもBDには追いつくことはできないのと同じ理屈。まぁ、アップサンプリングでどこまで近づけるのか試してみる価値はあるかもだけど、廃規格を熱心に取り組んでもしょうがないですなw SACDと競わせるんじゃなく、普通のCDソフトをDVDオーディオ化して高音質を得られるようにすることに時間を割いた方が利口かな。


~余談~
もうちょっと「導きのハーモニー」について触れとこうかな。
前回の紹介ではあんまりだったように思うので。

「音のコンパス」はシモツキンらしい民謡系・ファンタジー系の曲が中心でしたが、「導きのハーモニー」ではどちらかというと普通のポップス寄りの曲が多いですね。どちらのアルバムも好きで、嫌いな曲は此れと言って無いのですが、「導きのハーモニー」の方が何というか質が粒揃いなように僕は感じます。
印象的な曲は7曲目「Blade of Tears」ですね。エレキソロのあるイントロが格好良すぎです。シモツキンでこういうロック調の曲は珍しいと思うんですけど、すごく良いですね。こういう曲では声が特に映えているように思いました。
あと特に好きだった曲は「瑠璃の鳥」、「始まりのstory」、「星の夢」、「永遠」、「導きのハーモニー」・・・。いかん、全曲挙げてしまいそうだ。うーむ、本当に良いCDだと思う。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【フリーソフト】フリーソフト

中華鍋に入ったハムスターが運動会を始めたそうです 厳選動画紹介 ... 動画紹介⇒遊戯王 (1) · 動画紹介⇒音MAD関連 (8) · 動画紹介⇒音楽...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。