スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCオーディオの計画

バイト疲れたー。やっと休みだー。雨降れ雨。

今はA-A9MK2をUSB-DACとしても使っていますが、消費電力的な意味でも室温上昇的な意味でも、流石にちょっとキツいような気がします。
しかも、DAC(+プリアンプ)としての利用だけで、プリアウトからデスクトップのスピーカー(KENWOOD LS-S10)用のパワーアンプに出力していますので、いろんな意味で非常に勿体無いですよね^^;

そこでPCオーディオの再編を検討しているのですが・・・。

・CARAT-RUBY2
・SE-90PCI+自作HPアンプ(プリアンプ)

の、どちらかかなぁっと。
もともと今までどおりのUSB-DACであるRUBY2を考えていたのですが、うちのPCはスリムタイプのタワーPCで、説明書を眺めていたらPCIボード(Low Profile)を取り付けることが可能(!)ということを知りまして、それならばと調べたところ、SE-90PCIも良さそうに思えてきました。
とはいえ、レビューを眺めているとCARAT-PERIDOTよりやや悪い(値段を考えれば当然ですが)ということで、RUBY2と引き合いに出すのは無理がありますがね。
しかしながら、SE-90PCIは8,000円程度とかなりお手頃価格なのが魅力で、RUBY2との差額は約18,000円もあります。なら、その差額でぺるけ式の自作HPアンプ兼プリアンプ作ったほうが、安くて良い音になるんじゃないかという考えが生まれました。
また作るのかwって話ですが、残念ながら今までの2作とも純粋なHPアンプとして作ったのでプリアウトなりラインアウトなりを設けていないんですよね^^;(スピーカーが鳴らせない!)
ちなみに2作目のやつは未だに右側から音が出ません・・・。原因不明。東京に出かけたときにテスター買ってきて直そうとは思っていますが。

まぁ、ニコ動視聴のためと言っても過言ではないPCオーディオですので、そんなに音質にシビアになる必要もないんですけどねww
うちにあるHPアンプ兼プリアンプというとHA-1Aがありますが、真空管サウンドはどう考えてもボカロとは合いません。ニコ動視聴でよく使うヘッドホンのATH-W1000との相性は秀逸だと思いますが、スピーカーもと考えるとちょっと厳しいところがあります。それにHA-1Aは熱すぎますし^^;


と、いろいろ考えていますが、この前買ったスピーカーのD-77FXⅡがボカロ曲も含めなかなか耳あたりの良い音を奏でてくれるので、これがなかなか気に入ってしまったりw
このスピーカーはPC環境の左側に置いてあり、左片側からのみ音を聴いている感じなのですが、それでも凄く耳あたりの良い音なので、不思議と疲れないんですよねぇ。僕はイヤホン片側とかで音楽を聴けない人間なのにもかかわらず、全然聴けてしまいます。音場感とかメチャクチャですけどねw

ま、気分的に正面のスピーカーで聴きたいように思いますので、PCオーディオは考えますが。



~どーでもいい余談~

昨日プールのバイト中に・・・
小学生「おっちゃん、なんでプールに入らないの??」
僕「あはは・・・。仕事中だから入れないんだよー」

まだ“おっちゃん”はないと思うんだけど(´・ω・`)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。