スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TA2020KIT作ってみた。

意外と簡単だったな。

作ったのは、トライパス社のパワーICであるTA2020を使用したデジタルパワーアンプです。
秋葉原にある若松通商のオリジナルキットを用いました。

↓完成品(仮)
RIMG0063.jpg
音出し確認のために必要部品を取り付けただけなので、無残な姿ですw
スピーカーケーブルとか直付けだしww

↓基板アップ
RIMG0064.jpg
デフォルトからの変更点は
・C14,C15,C19,C20の0.47μFのフィルムコンデンサをWIMA製0.22μFに取り替え
・C9,C12の10μFの電解コンデンサを2.2μFのフィルムコンデンサに取り替え(たぶんERO製)

ずいぶんとカラフルになったww

前者は音質改善というよりはインピーダンス8Ωのスピーカーへの最適化。
PC用に使うような小型のスピーカーはほとんど8Ωですし。
まぁ、WIMAを選んだのは音質改善の意味もあるんですけど。

後者は音質改善目的。
友人も言っていたし、若松通商の店員も言っていたので。
このコンデンサ1個240円もしました;;

まー、最低限の改造かなー。
実のところ、全く予習なしで、友人に薦められ急遽買うカタチだったので、右も左もわからない状態です^^;
とりあえず友人が調べてきたパーツを買って、後から使い方を探す的な感じでしたね。
他の電解コンデンサも弄っていませんし、もうちょっとは弄りたいところです。
ちなみにちゃんとしたケースに入れるときは電源に平滑コンデンサも加える予定です。

で、音出し確認は成功!(失敗する要素が無いですがw)
ICをはんだ付けしてるときにパキッと嫌な音がしたけど、問題なかったようです。

音質は、うちにあるアナログパワーアンプTA-N330ESと比較します!
TA-N330ESは大型のトロイダルコアトランスを内蔵し、重量は10kgを超える大型重量級のアナログパワーアンプで、最高出力は8Ωのスピーカーで片側110Wを誇ります。
対する TA2020KITは先の写真の通り、基板1枚(笑)。重量は50g程度じゃないかな。電源は12V/3.8AのACアダプター(スイッチング電源)。出力はTA2020のスペック通りなら片側20Wか。

気持ちは複雑です。
このTA2020KITは、TA-N330ESの後釜となるので、音質は良いほうが、そりゃ嬉しい。
しかーし、こんな基板1枚ごときに負けて欲しくない! アナログアンプの存在意義に関わってくる問題です。

ま、聴いてみれば泣いても笑っても分かること。
どっちつかずの気持ちとはいえ、プラシーボ補正は大いにあり得ます。
個人的にはプラシーボは歓迎な感じなので、ご了承下さい。補正を補正するつもりは毛頭ありません。
如何なるプラシーボだろうと、どう聞こえるかが重要なんですよ。
というわけで聴いてみます。

まず、いつものTA-N330ES。
ちなみにプリアンプはA-A9MK2で統一し、試聴を行います。
うん。聞き慣れた音。
音なんて相対的にしか語れないわけで、単体ではレビューのしようがないw

そして、TA2020KIT。



ごめんなさい。完敗です。
解像度、音の拡がりと定位感など、基本音質ではTA-N330ESよりはるかに良い。
高音はかなり鮮やかになり、芯がしっかりなった印象。ハイハットの破錠感が大幅に減少。
中音は素晴らしい。透明感があるのに厚みを失っていない。ピアノやギターの音が鮮明。
ボーカルは目の前で歌っているようだ・・・とは流石に言えないけど、息遣いもリアルに聞こえる。ただ、男性ボーカルの厚みは減少したかな。
重低音の厚みでは、流石にTA-N330ESの方が格上だけど、切れや解像感はTA2020KITの方が優れてる。ベース・バスドラがとてもクリアに聴こえる。
完成版では大容量の平滑コンデンサを取り込む予定なので、重低音の厚みや量感も、さてどうなることやら。
エージングを一切していない状態なんですがねww
これを聴いた後だと、TA-N330ESの音は曇った落ち着いた音に聞こえる。
音がそこそこ打ち込み向けになったので、ニコ動試聴中心の使用の僕にとっては嬉しいなー。
というか、LS-S10ってこんな音鳴らせたのか。

気になる点といえば、高音がややキツい点だけど、これはTA-N330ESでも少なからず感じていたので、スピーカーの問題かも。
まぁ、エージングで少しマシになってくれれば、と思ってる。

ぬー・・・。デジタルアンプ、やりおるわ・・・。
くそっ・・・このままではアナログアンプの立場が・・・。
あ、そうか、TA-N330ESって20年前のアンプですしね!コンデンサの劣化もあるだろうし!
・・・ちょっと言い訳してみたよ(´・ω・`)
言い訳とはいえ、音質劣化の理由としては間違っていないのだけど。
え?じゃあ、A-A9MK2とガチンコ勝負させたら良いじゃんって?
ぜひぜひしてみたいのだけど、配線が面倒くさいので、当分はやるつもりはありませんw
まぁ、させてみたところでA-A9MK2が負けるとは思えないけど。これは流石に。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。