スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぺるけ式HPA基板、ほぼ完成

ラグ板で作るより、遥かに楽だったww

RIMG0895.jpg
↑使った部品たち。

前回作ったTA2020KITよりは部品数は多いですが、ICが無いので気軽にハンダ付けができます。
それに、ラグ板で作ったことを思えば、相当楽なものですよww
配線が要らないのが大きすぎる・・・。

ハンダ付け後がこちら。
RIMG0903.jpg

ほぼ完成とタイトルに書いたのは、VR3とVR4の半可変抵抗をまだ取り付けていません。
とはいえ、半可変抵抗ではなく、56Ω程度の固定抵抗にするつもりですけど。(←まだ買えてない。)
あとVR1とVR2も付いていませんが、これは2SK170をぺるけ氏の選別品を使用したため、省略しました。
写真では分からないと思いますが、裏面でショートさせています。

コンデンサは、東信の低ESRタイプの汎用コンデンサであるUTWRZシリーズを使用しました。
回路設計者のぺるけ氏のオススメのコンデンサらしいですね。
気分的にはオーディオ用を使いたいのですが、ぺるけ氏のリファレンスの音を聴いてみたかったので。

ちなみに今回は無謀にもこんなハンダを使ってみました。
RIMG0897.jpg
ハンダ付けしにくいと悪名高い、無鉛ハンダです。
普通ののPb-Sn系のハンダよりも同量(20g)で150円ほど高かったですが。(at ホームセンター)
環境には優しくしないとね!・・・というのは嘘ですw
目的はただ1つ。
クーラーをつけながら作業がしたい!
気温の低い夜を狙って、窓を開けながら作業をしてたりしますが、ハンダごてのような高熱を発する機器が近くにあると、すぐに暑くなってくるんですよねぇ^^;

鉛を多量に含む、従来のハンダでは作業中の換気は必須です。
(僕はTA2020KITのハンダ付けの際に、換気はしっかりしていたものの、作業後しばらく息苦しさが消えなかった)
鉛のないハンダであれば、換気の必要性も薄いのでは?という期待です。
錫にしろ、銀にしろ、銅にしろ、食器にでも使われる金属なので、無害と言って過言ではないでしょう。
買ったハンダの組成はSn-0.3%Ag-0.7%Cuです。
しかしながら、少し調べていくと、融点的に理想の組成はSn-3%Ag-0.7%Cuらしいですね。
(前者の融点が227℃、後者の融点は220℃)
Sn-0.3%Ag-0.7%Cuというのは、銀の含有量を減らし、低コスト化を図った組成っぽいです。
まぁ、さすがに銀を3%も含んでいては、値段もけっこう張ってきそうなので、妥協点でしょう^^;

無鉛ハンダが嫌われる要素としては、ハンダ付け性の悪さのようですね。
先に述べたとおり融点が高いため、加熱時間が長くなり、電子部品への熱による影響が懸念されます。
Pb-Sn系で最も融点が低い共晶組成(Pb-38%Sn)のハンダで融点が183℃なので、Sn-Sg-Cu系ではそれより40℃前後も高くなりますね。
あとは、プリント基板などへの親和性が低く、なかなかハンダが流れ込まないという問題もあるよう。
Pn-Sn系のハンダを使い慣れてる人が無鉛ハンダを使うとイラッとくる人も多いそうです^^;

で、そういう情報は買った後で知ったんですよねー\(^O^)/
安易に使ったこと無いものに手を出すからこうなる・・・。
ま、買ってしまったからにはしょうがありません。試しに使ってみることに。



んー。案外普通?
確かに少し基板に付きにくいような気がするけど、そんな大して困るほどじゃない。
60Wのハンダごてを使ってるせいもあるかも知れんが、加熱時間も体感では殆ど変わらんね。
耐熱性の低いコンデンサだけは一応、少し残ってたPb-Snのハンダを使ったけど、確かに使い易い気はする。
あと、比べると光沢の度合いが違うかなー。Pb-Snの方が綺麗かも。

あ、そうそう。
期待してた鉛の煙の匂いだけど、やっぱり鉛臭さがないね!
如何にも有毒なあの臭いはない。
Pb-Snのハンダだと煙で目が痛くなるけど、それもない。これなら作業メガネも要らないかな^^
これなら換気レスでも作業できそう・・・な気がする。


ハンダ話に無駄に行数を割いちゃったなぁw
試聴もできてない現状ではこれくらいしか書けない^^;
前回のTA2020KITとは違ってボリュームも要るので、そう簡単には視聴できないかな。
まぁ、ケースに入れた後でいいか。

そういえば、ケースも一応秋葉原で買ってきたのですが、内寸の高さが足りないという致命的失敗点に気付いてしまい、あれは放棄することにしました^^;(800円のプラケースなんで悔いはないけど。)
いろいろ調べていたんですが、6,000円(笑)ほどでちょうど良い感じのケースを発見。
値段がアレなので迷うとこではあるんですけど、かなり格好良いから買っちゃうかも知れません><
まぁ、買ってしまうと僕の性格上、さらに外装に金を注ぎ込みたくなってきますけどww
・・・自重します。

8月中に完成させるのが目標ですが、どうだろーなー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。