スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラノベ雑感

ラノベのおかげで活字に触れる機会が増えました。
いくつか読んでいますが、あまり紹介してなかったので、紹介してみます。

※決して書評と呼べるようなシロモノではありません。
ネタバレを含むかも。あったらゴメンなさい。
なるべく気をつけますが、古い作品についてはやや緩いかも知れないです。

○「猫物語(白)」
黒に対して白は対の話にあたり、黒の後編というわけではありません。
当然、羽川さん絡みの話には違いありませんが。
時系列的には、黒がゴールデンウィーク(化物語と傷物語の間)、白が偽物語の後となります。
えーっと、中身ですが、ラストはホントに感動します。
今までのシリーズ中、最高の出来と言って過言ではないと感じました。
ギャグパートは羽川さんとガハラさんの絡みくらいで、基本的にずっとシリアスパートです。
羽川さんが“普通の生活”を送るために今まで捨ててきたもの、そして抱えてきた問題というのが、それほど巨大だということですね。ギャグパートを挟む暇すらない羽川さん自身の葛藤の緊迫さ。ガハラさんとの絡みはギャグパートもあるとはいえ、ストーリーの根幹を成すものです。
これを読んだら、化物語シリーズを読んできて良かった・・・と心底思えました。
どの巻も良い作品なんですけどね!

ここから続いていく各キャラのアフターストーリーを楽しみにしていきます。
個人的には撫子のアフターストーリー「囮物語」が一番楽しみかな~。
真のラスボスと言われる撫子が、ガハラさん命の阿良々木くんをどうやって攻略しようとするのか・・・w
絶対ヤンデレ化するだろうけどねw

○「半分の月がのぼる空」
今更って感じですけどね、つい先日最終巻まで読み終えました。
買い始めて、半年以上は経ってるかな^^;
読むの遅いんですよ、ほんと。
内容は、ごく普通にあり得るごく普通の話と評したくなるほど、リアリティがある。
まぁ、理香の濃すぎるキャラにはフィクション臭さもありますが、彼女が送ってきた人生を考えれば合点がいく。
描かれる話としては主に、闘病生活における死との関わり、学生としての青春と将来不安、あたりでしょうか。
後者のほうは自分の置かれている状況にも通じるものがあって、共感できる部分もあるのですが、僕の場合はどうしても楽観視する傾向が強く、あんまり悩めない自分が嫌になったりも。司のように飛び抜けたものがあるわけでもないのでね。まぁ、そういう自己嫌悪に関しても楽観視しちゃうので、結局悩みってのは無いんですけどw
好きなキャラは小夜子ですね。
というか、吾郎くんと小夜子の関係が好きすぐる。
だからこそ夏目吾郎先生を擁護したくなってくるわけなんですが・・・。
ふたりには幸せになってもらいたかったよ(´;ω;`)

○「緋弾のアリア」
妹から拝借しているものです。
アニメ化するってことで買ったらしいので、貸していただきました。
もうちょっとで7巻を読み終わりそうです。
事前の妄想では、もうちょい現実的な銃撃戦等々を頭に思い浮かべてたんですけど
全くもってそんなこと無かったですなw
よく分からない超能力とか入ってくるし。
気になる点といえば、ちょっとキャラ設定が安っぽい?
登場人物が過去の偉人の生まれ変わりだとか、その辺りが。
別にそんなことしなくても良いと思うんだけどなー。
変に結び付けるから安っぽくなる。
まぁ、その辺を割り切って読めば、面白い作品だと思います。
世界観の設定はけっこう練りこまれてると感じますし、キャラの設定も多彩です。
戦闘シーンも文面上ながら臨場感を感じられるものとなっており、緊張感を持ちながら読めますね。
これはこれで面白いですが、間違いなくアニメで映えそうな作品です。
このアニメは期待です。

○「とある魔術の禁書目録」
これも妹から借りているもの。
妹が最近買い始めたらしいですが、何巻出てるか分かっておられるのでしょうか^^;
すでに4巻まで借りていますが、まだ1巻も読み終わっていません・・・。
アニメで1回見ているから分かるものの、正直これでは難しいです。
世界観が深すぎてアニメの方でもついて行けない感がありましたので、アニメで概略を理解しといて、原作で詳細理解というパターンが良いかも知れないと感じました。

○「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
妹とは、見てるアニメとか読んでるラノベとか割と何でも話しますが、こればかりは話題に出しませんww
桐乃みたいに兄貴に妹ゲーを勧めるような度胸はありません。
アニメが面白かったので、原作も買ってみました。
僕が信頼している某ゲーム及び書評ブログの方がオススメしておりましたし。
まだ1巻の途中ですが、このアニメってなかなか原作忠実ですね。
原作では、当初の兄貴の妹嫌いについての表現が多いような気がする。
とはいえ、主に自分語りでの描写なので、逆に妹のことが気になってるとも読み取れますがね・・・w
今は7巻まで出てるんだっけ。桐乃との恋愛ルートに入ったとかどうとか。

「ヨスガノソラ」といい、なんか実妹との恋愛物に関わる機会が増えたのは偶然です。
わざわざ言うと逆に捉えられかねないけど、決してリアルシスコンというわけじゃないよ!
趣味が被ってるから良い話し相手ではあるけれど。リア友でこの手の話をできるのは1人しか居ないし。
まぁ、今は離れて生活してるんで、話し相手ですら無いんですけどねー。

ま、こんなとこです。
コミックスだと、最近は「らき☆すた」の8巻を買いました。
主人公が高校卒業しても続行するという、やや地雷臭のするようになった当作品ですが、相変わらず雰囲気は変わっておらず、安心して読めましたよ!
アニメの2期はまだですかね。1期は1~4巻を消化したことから、8巻が出た今期待してるんですけど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。