スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDJ-2000交換ケーブル作ってみた。

三つ編みメンドクセー。

購入したものはコチラ
RIMG0751.jpg
ミニXLRプラグと線材はオヤイデ通販にて購入。
Φ3.5フォンプラグは友人から250円で譲って頂いたものです。Pailiccs製
線材は日星電気製RSCBを使用。
84円/mの激安ケーブルw(さらに10m購入したので長尺割引で63円/m)
さすが安いだけあって、無酸素銅(OFC)なんて高級品ではなく、タフピッチ銅ですね。
0.08mm/40本という極細線による撚り線であり、絶縁体にシリコンを用いているので、ものすごく柔らかいです。
ミニXLRプラグを2つ購入したのは予備も含めてです。
いつかインドア用の交換ケーブルを作るかも知れませんし。

出来上がったものがコチラ
RIMG0753.jpg
製作にはこちらのサイトを参考にさせて頂きました。
1.1mの線を用いましたが、三つ編みにしたので、完成後の長さは1.0mです。
もうちょっと縮むかと思ってたんですがね。
元の線の素性の良さがあり、三つ編み線にしても、柔らかく使いやすいです。

RIMG0757.jpg
HDJ-2000に装着し、試運転してみたところ、無事音出しに成功。
おっそろしく低い工作精度(特にΦ3.5フォンプラグ側)でしたが、音が出て良かったです^^;
左右の音が混ざりそうなハンダ付けでしたが、どうにかそれは避けれた模様。
なんか危険な状態だったので、ビニテでグルグル巻いて、断線防止策を講じました。

音質は・・・
変わりません。
少なくとも僕の耳では全く同じという答えを出しました。
別にケーブルによる音の変化を全否定するつもりはないんですけどね。
スピーカーケーブルでは音の変化を感じたことのある身ですし。

問題点といえば、HDJ-2000側の端子の抜き差しがしづらくなったことでしょうか。
もともと硬くて抜きづらさはあったんですが、純正のケーブルではスリーブにグリップ質のものが付いており、どうにか引き抜くことができるようになってました。
でも、新しい端子はオールニッケルメッキの金属製なので、指が滑ってなかなか抜けないんですよ。。。
ビニテを細く巻いちゃえば解決するんですが、見た目がアレな感じになりますしw
アウトドアとインドアではケーブルを変えなくちゃいけないので面倒臭いですよねぇ・・・。
その点はカールコードの方が楽なんですけどね。

~今回の材料費~
・ミニXLRプラグ(1個)・・・462円
・ケーブル(1.1m×3本)・・・63×1.1×3 = 約208円
・Φ3.5フォンプラグ(1個)・・・250円
・合計・・・920円

~HDJ-2000についての追記~
先の感想記事の装着感の項目で、耳が痛くなると書きましたが、解決手段を見つけました。
イヤーパッドのサイズが耳載せと耳覆いの間なので、僕はちょっと無理な形でも耳覆いで使っていましたが、どうも耳載せの形で使うほうが耳に優しいようです。2時間以上使っても、全く痛くなりませんでした。
耳載せの形というのは、少しヘッドホンを前に出して耳たぶにイヤーパッドを載せる感じです。
これによって、音質にも少し変化があり、低音の質感が向上して、少し量感も増えました。
無理な耳覆いでは、密閉性に問題があったのかも。遮音性もやや向上したように思いますしね。
ドライバが耳から離れることにより音場が少し広がり、窮屈感も軽減されました。

耳痛くなるという感想をお持ちの方を何人か見かけましたが、そういう方は試してみると良いかもです。
まぁ、どういう装着方法をしている方が多いのか分かりませんが^^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。