スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノフォルテ

ヘッドホンブック2011買ってみた。

RIMG0769.jpg RIMG0770.jpg

本の内容の方にはあんまり興味ないです。
最近はヘッドホンもそんなに買ってない(買えない)ですしねー。
というわけで、目的は付録のイヤホンです。

ファイナルオーディオデザインのピアノフォルテです。
製品版は3kほどしますが、こちらは本代含めても2kで買えます。
まぁ、音を聴いてないうえでは何とも言えませんが、値段だけ見ればお得です。

軽く音の感想を書いておくと、ものすごく個性的な音です。
独特な響きがあって、かなり曲を選ぶように感じます。

とりあえず駄目なのはボーカル入りの曲。
篭って反響していて、ボーカルの表現は酷いものです。
打ち込み系、ロック系、ポップス系の曲もNG。
ハイハットの音が歪んでいて、聴き心地が悪すぎます。
音のキレがないので、スピード感もありません。

しかしながら、室内楽を聴くと評価は一変します。
音場の広さと独特な響きは楽器の音を魅力的に表現してくれます。
弦楽器にしろ金管楽器にしろ。
とにかく柔らかく心地良い音ですね。
音のエッジは最低限立っていて、生楽器らしさも損なわれていない印象。
間違いなく、音作りはこの方向でされていると感じられる音です。
クラシックも、スケール感に乏しいものの、割りといけます。
あと、僕がよく聴くところで合うのは、サントラですかね。
あからさまな打ち込み系には合いませんが。
ジャズに合うという話も聞きましたが、確かにそうですね。僕はあまり聞きませんが。

後者のような曲を聴くのであればCPは高いと感じますが、前者だと・・・。
ここまで曲によって印象が大きく変わるヘッドホン(イヤホン)も僕の経験上珍しいです。
こういう雑誌に付けるのはどうなんだろうか。イヤホンに釣られる一般人もいると思われるわけで。
下手すりゃ、なんだこの糞音質wとゴミ箱行きでもおかしくない気がする。
まぁ、僕は気に入りましたけどね、この音。

ちなみに遮音性は無いに等しいので、電車とかでは使えません。
音漏れはそれほど無いのですが。
装着感は良いです。
普通のインナーイヤーなので、カナルのように耳内に異物感を感じることもなく、オーバーヘッドのように頭に重さや圧迫感を感じることもありません。
ゆったりと本でも読みながら室内楽を流しておきたいところですねー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。