スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傾物語、読了(ネタバレ有り)

盛大にネタバレしてます。
読み終わってない方はご覧にならないことをお勧めします。
ネタバレせずに書きたいんですけど、僕の文章力では無理っぽいです^^;

いやー、長期休暇だけあってすぐに読んじゃいました。

読んでる最中も思っていたことなんですが
「これって真宵メインの話だったよね・・・?」
どう見ても読んでも忍メインの話にしかww
確かに物語は真宵が起点にはなってるわけですけど・・・。
これが「しのぶタイム」だと言われても違和感ない。物語の幹に時間移動というものがあるし。
むしろ「まよいキョンシー」がこれだと「しのぶタイム」は何をするつもりなんだと疑問視したくなりますw

作者さん曰く、「阿良々木くんと幼女しか出てこない小説を書きたかった」
あぁー、なるほどなるほど。
この上ない納得感です。ありがとうございます。

真宵の消滅フラグどうのこうのと以前話していましたが、全然なかったですね^^;
というのも、これを読み終わった後で、「偽物語」を読み返したのですが、(上)で立てたそういうフラグを(下)で見事にへし折ってたんですよねww
・・・八九寺Pらしいやり方で。
読み返してた時に気付いたんですが、会話の中にこの「傾物語」を思わせる伏線を張ってたんですね。
真宵に対する強すぎる愛情が国を滅ぼすとかどうとかw

物語としては、前作の「猫物語(白)」に比べれば、シリアス成分が皆無と言っても過言ではないですね。
たぶん起こってることとしては、「猫物語(白)」よりよほどシリアスなんですが、起こってることがぶっ飛びすぎていて、どうもその感じが薄い。まぁ、暦くんたちの反応もそのとおりなんですが。
まぁ、「猫物語(白)」を読んだあとの息抜きには良い感じですよw
もっと真宵との絡みが欲しかったというのが正直なところですが、面白かったと思います。
忍のキャラの壊れ具合と彼女との掛け合いは笑えましたし。
後日談はホッとしたというか、真宵らしい終わり方で良かったと思います。
真宵がこの世に留まり続ける理由は、暦くんに会うためなのかな。

「傾物語」は「猫物語(白)」の時系列のほんの一端なんでしょうね。
「花物語」もおそらくその中に含まれるでしょう。「囮物語」はどうなのか分かりかねるけども。
楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。