スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になっているソフト。AC3Pほか。

お久しぶりです。

先週7日から学校が始まって、その疲れからか、なんか首が痛いです。

それは置いといて。
夏くらいまでに発売予定のソフトで、気になっているソフト・購入予定のソフトの雑感でも書こうかと。

まずはこれ。

アーマードコア3ポータブル
数日前から、ACオフィシャルサイトでカウントダウンが行われていたソフトです。
(とはいえ、公式発表前にすでにファミ通で紹介されてしまっていたみたいですけど・・・w)

PS2で発売されていたアーマードコア3のPSPへの追加要素ありの移植作ですね。
7月30日発売。
ちなみに追加要素とその僕の感想は以下のとおり

アドホック通信による対戦(アドホックパーティー対応)
アドパは今のところ未体験なのですが、コレ買ったら是非やってみたいところ。

過去の作品で人気の高かったパーツを再収録
3より前はプレイしたことが無いので、思い入れのあるパーツとかは無いんですが、単純にパーツ数が増えるというだけで嬉しいですね。
というか逆に新しいAC4とかACfAとかのパーツを収録して欲しかったですw(4系はデザインが秀逸だから)

フルキーコンフィング
これが一番のミソかな~。
PSPでの前作ACFFiをプレイしていたのですが、正直操作がしにくすぎて泣きました。(結局AIモードで遊んでたり。)
今回では全部任意で設定できるので、操作がいくらか楽になりそうですね~^^

ただし、ACシリーズってR3・L3までフルにボタンを使うんですよね・・・。
PSPのボタン数自体がそもそも少ないので、視点移動などに不便さは残りそうな気がします^^;(スティックが2本あれば、ずいぶん違うのだろうけど・・・)

16:9ワイド表示への対応
まぁ、PSPで出す以上は当然ですね・・・w
ACFFでグラフィックはなかなかのものだったので、今作も期待できそうです。

メニュー画面のリファイン
ワイド表示対応によるものでしょうか。
使いやすくなるぶんには嬉しいところ。

時期的にPS3/Xbox360のAC5かと思ってwktkしてたのですが、予想の斜め上を行くPSPへのAC3移植。
難易度は比較的高めのACシリーズですが、AC3はそれほど難易度は高くなく初心者にも易しい仕様なのに加え、ゲームとしての評判自体も良い方なので、PSPで出す最初の移植作には最適なのかも知れませんね。

たぶん買います。
PS2版をすでに持っているので、迷ってはいるんですけどね^^;

個人的には次回にはAC3SLも移植して欲しいなぁとか思ってみたり。
やっぱり対戦で燃えるのはAC3SLですよ!
自分だけのAIを育成して、2vs2戦で味方に付けて戦うのはホントに楽しかった。これがアドパでできるのなら素晴らしい・・・かも。
とはいえ、AI育成の要素とか、PSPに入れるのは結構難しそうかな?^^;
まぁ、期待して待ちます^^

ところで、AC5の発売はいつ頃なんだろう。


あとは適当に。

うたわれるもの ポータブル

以前買ったソフト、PS3『ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地-』を開発したメーカーであるアクアプラスの作品。
こちらもPS2からの移植作。
5月28日発売。

僕はアクアプラスと言うメーカーをTtTで知りました。
それでTtTが気に入ったので、同メーカーの前作『うたわれるもの』をプレイしたいなーとか思いつつ、手が出せていなかったのですが、PSPに移植されると聞き、即購入決定。
PSP-3000を買ったものの、ここ数ヶ月の間、電源を入れておらず、宝の持ち腐れ状態だったので、こういう機会を活かしたいですね(笑)

通常版を買います。
PSPの周辺用品が付いてきますが、正直外で使うのは恥ずかしいですので^^;


ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術師~

これは以前、記事で紹介したので、そんなに深く触れません。
6月25日発売です。

こちらも通常版を買うつもりでいます。
プレミアムボックスも魅力的なのですが、値段が値段ですし、ガラス製の文鎮は使い道が・・・。

サポーターズリンクとやらになってしまったので、応援バナーが貼ってあります。
ちょっと音楽が鳴ってしまうので、うっとうしいかな?^^;
(曲自体は素晴らしいと思うんですけど)
邪魔でしたら遠慮せずに教えて下さいm(_ _)m


オペレーション フラッシュポイント:ドラゴン ライジング

これは昨日、見つけたソフト。FPSです。
今夏発売予定。

とりあえず、オフィシャルサイトにあるPVを見てみてください。
なんか・・・もう・・・クオリティ高すぎでしょ、これ。
実写と間違ってもおかしくないレベル。

舞台は架空の島なんですが、Killzone2とか明らかなSFと比べると、断然リアリティがあるので、個人的な好みではKillzone2より上です。
銃器も実在のものが使われてるようですしね。

どうでも良いことなんですが
中国 vs ロシア・アメリカ っていう構図ってなんか不自然じゃないですか・・・?w
現実世界の国際情勢をもとに、普通に考えるなら、中国・ロシア vs アメリカのような気がします。

あと、北方領土内にある島が舞台なら、日本の自衛隊も入れてくれたら、もっと面白い事になりそうなんですけどw(ゲームとはいえ自衛隊を戦争に巻き込むのは日本側が反対しそうかな^^;)

COD4はまだまだプレイできそうですけど、こんなソフトなら浮気してみるのも悪くないかなーなんて。COD6までの繋ぎとして。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。