スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免許取ったどー!

普通MTの免許取得しました!
免許センターの試験は、車校でやった練習問題ほぼそのままだったので、余裕ですた。
車校で学科を教えてくれていた教官が見に来ていてワロタwwどこの塾だよww
どんな問題が出たのか調査してるらしい。
教官「どこも来てないんだよなぁ。なんかウチだけ熱心みたいで恥ずかしい。」
全くもってそのとおりです、教官。
生徒の合否をチェックしたら帰って行かれましたが、なんか高校入試のときを思い出すわw

で、車なのですが、しばらく無しで過ごすことになりそうです。
親が軽の中古なら買ってあげようと申してくれていますので、よく相談して決めようと思います。
できれば、1.5Lクラスの車くらい乗りたいんですけど、その辺の交渉の余地は微妙。
とりあえず僕の希望は少なくともMT車かなぁ。スポーツカーじゃなくてもMTなら運転は楽しそうだから。
とはいえ、調べてると、MT車の少なさに泣けてくる・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ども、お久しぶりです。

地震以降、精神的に参ってしまったりしたこともあって、ブログ更新や書き込みがめっきり減ってしまいました。
日々放射線量とか放射性物質の量とかを気にするという、どんなサイバーパンクだよって感じの日常を過ごしております orz
金と状況が許せば、西日本に移住でもしたい気分です。
まぁ私の住む群馬県は、関東の中では割と数値が低いほうなのがせめてもの救いではありますが・・。

で!免許取得おめでとうございます!
そうですね、新車でMTの少なさときたら・・・。
軽でも、vivioとかアルトワークスとかその手の車は楽しいです^^
知り合いの弄ったvivioに乗せてもらったことがありますが、なかなかに刺激的でしたよ。

No title

taiさんがご無事で何よりです^^
ブログのほうで無事ということを確認して安心しておりました。
やっぱり関東のほうは、日々胃を痛めそうな状況が続いているのですね・・・。
原発問題の早期解決を願っております。

あまりに状況が酷すぎて、ニュースを見ていても映画でも見ているかのようで、こちらでは現実感が沸かないというのが正直なところです。
ほんの少額ではありますが募金をした程度ですね。一応、節電は心がけておりますが、西から東に送電する場合、周波数の関係で送電量にはかなり制限があり、あまり役に立っているという感覚も無いですし・・・。
僕のブログはほぼ平常運転させて頂いておりました。日本全体が暗い雰囲気に包まれていても、しょうがないとも思いますので、娯楽を与える立場(そんな大層な事はしていませんが)の人間はそちらに徹しようを思った次第です。今回の震災には無関係な地域でも、なんか全国的に極度の自粛ムードで消費を控える傾向が見られますが、こういう時だからこそ消費を拡大し、日本経済へのダメージを抑えるべきだとも思います。

免許はどうにか取得することができました^^
>軽でも、vivioとかアルトワークスとかその手の車は楽しいです^^
なるほど、やっぱりそのあたりの軽ターボですかー。
僕もいろいろ調べておりまして、最近の車だとKeiワークスとかラパンSSとかですかね。
あと、ちょっと気になっている車なんですが、エッセ エコが面白そうかなっと。装備最低限で車重700kgの軽量な車体にNAですが58馬力を発するエンジンを積んでるあたり、デザインさえ許せば(笑)、楽しそうな車です。愛好家もけっこう多いようですし。

>知り合いの弄ったvivioに乗せてもらったことがありますが、なかなかに刺激的でしたよ。
アルトワークスあたりの加速感に慣れると、普通車では満足できないらしいですねw
まぁ、軽スポーツのブームはもう去ってしまいましたが・・・。寂しい時代です。

No title

こちらは、大なり小なりある程度諦めというか覚悟をしつつ・・といった感じです。
元々神経質なので、色々考えてしまうんですよね。子供もいますし。
でも最近は、自衛のための知識と情報を仕入れる以外は、個人で深く暗く考えても仕方ない、と思っています。
にしても、今回のことで政府や東電、専門家と言われる連中の適当&保身っぷりにはあいた口が塞がりません。

>こういう時だからこそ消費を拡大し、日本経済へのダメージを抑えるべきだとも思います。
そうそう、そのとおりです。
普通に過ごせる方たちは普通に過ごして、日本全体が閉塞しないようにした方がいいと思います。
自粛!とか言ってても始まりませんよ^^
まぁ私のところは直接的に被災もしていませんし、原発からも遠い。
でも、事故が起きなければ有り得ない汚染を被っているのに、ヘタレ政府に「安全」と言われてしまっている地域なので、この先のことを考えると節約、自衛をしなくてはいけませんけれど。

エッセという車はあまり知りませんでした。
確かにデザインは可愛らしいですなぁ。
でも、700kgというのはいいですね。やはり軽さというのは、武器です。
実は、インテRからの買い替え時に、ビートも検討車種に入っていたりしましたw
妻が「まぁ二人乗りでもいいんじゃない?」なんていうもんでw
さすがにまだ子供を乗せることもあるだろうと無しになりましたけど。

No title

お子さんがいると確かに普通以上に敏感になっちゃいますよね。
子供って大人に比べれば耐性は弱いんでしょうし・・・。
東電や国の発表もどこまで正しいのか、分からないですよね。
自分の保身で精一杯の方々ですから。
そう思う人が多いせいか、放射能を測定できるガイガーミュラー計数管が秋葉原から姿を消したとかいう話も聞きました(笑)
まぁ、自分にとって必要な情報は、自分で入手していく姿勢が必要があるのですね。

>個人で深く暗く考えても仕方ない
ここで深刻に悩んだところで、被災現地の状況が何か変わるのか?と、僕も思ってしまいましたね。
>普通に過ごせる方たちは普通に過ごして、日本全体が閉塞しないようにした方がいいと思います。
被災地外の人が同じことを言うと言い訳みたく聞こえるのかも知れませんが、同意します。
震災のことは頭の片隅には置いておき、今まで通りの生活・経済活動を行うべきですね。

エッセは僕のような男子学生が乗るようなデザインではありませんよねw
でも、実際乗ってる人のブログやクチコミを見ていると、楽しんで乗ってる方が多くて、惹かれるんですよ。燃費も物凄くいい軽なので、将来的にも使っていけそうですし。
>インテRからの買い替え時に、ビートも検討車種に入っていたり
おぉ!イイじゃないですか、ビート。ちと古いですが。
軽のNSXとも言われる車ですよね。
僕がいた高専にビート2台持ってる先生がいて、やっぱり愛好家は多いんだなぁっと。
僕もちょっと考えましたが、古い車なので修理費とか払えないだろうため、やめておきます^^;

No title

やはり子供は影響を受け易いようですからね。
政府やテレビに出てくる専門家の「安全」「このくらいなら大丈夫」という発言は全くもって信用していません。
冷静に考えて計算すれば、「安全」ではなく、「今のところなんとか許容」できる数値、というのが大半です。
そんな事は政府も専門家も分かっているでしょうから、早いところ真実をきちんと説明しなくては、どんどん深みにハマっていくのに・・・。

ビート2台ですか。
それは本物ですねぇ。
これからの時代、どうしても低燃費というのは主眼に置かれるでしょうから、そこそこ楽しめて低燃費、というのが落とし所なんだと思います。
渡しの場合も、CR-Z購入の決め手のひとつですしね^^

No title

そうですねぇ。
工学系の人間でありながら、恥ずかしいことにあまり放射能関連の知識を持ってないので、よく分からないというのが正直なところなんですがね・・・。
まぁ、もともとテレビ報道の情報は疑ってかかるようにしてます。とはいえ、政府の公式発表までも疑わなくてはいけないのは初めての経験ですが^^;
あまり関係の無い話なのですが、東電と癒着があった自民政権が続いていた場合、もっと酷い情報操作が行われた可能性もあったわけで、その点だけは民主で良かったとも思えますね。まぁ、どちらも強い保身思想があるため大して変わらないのかも知れませんし、そもそも情報は公開するまでもなく解決してくれたなら、それがベストだったんですが。たぶん解決能力は長年の政権から災害慣れしている自民のほうが上なハズ。

ビートの他にシビックtypeR(型番は知りません)も乗ってましたねぇ。
僕が在学中にその先生は結婚して妻に「車持ち過ぎ」と言われ、ビート1台のナンバーを外したようですw
>そこそこ楽しめて低燃費
エッセなんかそんな感じだと思います。
実燃費でも20km/L近い軽自動車ですし、Dスポーツから多数のチューニングパーツも出ており、一応レースのベース車として作られた車ですからね。見た目からは想像できませんが、隠れた愛好家がいるのも頷けます。
1.5Lクラスに乗れるならCR-ZやFT-86に乗りたいです。
プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。