スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作スピーカースタンド

試験1周間前までにひと通り完成できて良かった。
ちょっと問題もあったけど。

RIMG1287.jpg

柱の素材はラバーウッド180mm×350mm×30mmを6枚重ね合わせたものです。
底板も同じラバーウッドで、280mm×280mm×30mm。
なかなかの重量感。

表面仕上げはオールナットカラーのアクリルニス4層、クリアのウレタンニス4層です。
下地を磨いた以外は磨いていません(笑)
まぁ、それなりには光沢があって良い感じだと思います。

設置してみた。
RIMG1288.jpg
密閉型だから、設置方法の影響は少ないと思われ。

これでメデタシ、メデタシ



としたいところなんですが、とあることに気付いてしまった。

これ、ツィータから音出てんの・・・?(爆)

タオル被せても変化なし。
うーん・・・( ̄▽ ̄;)
4000Hzから上を6dBで切ってるから、そりゃあ、高音が伸びないわけだ。
後付臭いけど、おかしいなぁとは思ってたんだよね。
リボンで高音が伸びないなんて。
つーか、伸びないどころか主要可聴音域でバッサリ切れてるんだから、とっとと気づけって話だわな^^;
ちなみに前回の感想で書いた、“柔らかい艶のある高音”はCHP70のものですね。
かつてCHP70の感想で同じようなこと書いたから、100%プラシーボというわけじゃないよ!(言い訳
詰まった音質ってのもこれが原因なのかも・・・。

で、ネットワークを見直してたら、ミス発見( ̄▽ ̄;)
誰でもミスはあるとはいえ、こんな簡単な回路でもミスるとか、どんだけ電気回路弱いんだ、僕は。
とはいえ、変な配線でユニット壊すことにはならなくて良かった。


ツィータが無事動いたところで、ちょい改めて感想をば。
とても高音が強い。
設計時はツィータのレベルを-6dbだったところを、抵抗の買いミスで-3.5dbくらいになったのが原因かと思って、A-A9MK2のデジタルトーンコントローラで高音のレベルを-4dbにしてみたら、バランス良くなった。
でも、痛い質の高音なので、全体的に上擦り気味で心地良い音質ではない。
いっそトーンコントローラの効かないダイレクトモードの方が聴きやすい。バランスは破錠してるが。
非ダイレクトだと高音がシャリ付きやすく、耳障り感が酷い。
リボンといえば優しい高音をイメージしていたのだが、これは安物リボンだからか?
まぁ、高音の硬さはツィータと耳のエージングによる改善に期待しよう。
最悪フルレンジでの使用やツィータの交換をしてみるのも悪くないかも知れない。

先の記事で書いていた“詰まった感じ”というのは無くなった。
やはりハイカットされていたのが原因だったらしい。
分解能も大幅に向上。
ボーカルは透明感があって良い。上ずり気味ではあるが。
高音が普通に出るようになったおかげで、相対的に低音は下がった。
密閉型特有の重低音が殆ど聴けなくなったのは残念(苦笑)

ぶっちゃけ聴きやすさだけなら、ハイカットされたCHP70一発の方がry
もうちょっと様子見ようか^^;

(追加)
インシュレータは黒檀キューブの3点支持なんですが、配置を変えたら良くなったのでレポ。
先の感想は前1後2の構成だったんですが、前2後1に変えたら。
相変わらず高音は強いんですが、比較的バランスが良くなって聴きやすくなりましたね。
トーンコントローラで調整した感じではなく、ダイレクトモードの質のままレベルが下がったような。
プラシーボ全開だろwと言われること前提に書きますが、ふわっと広がるようになった印象。
前1だと指向性が強くて、きつくなるんじゃないかなぁ。
何より良かったのは、低音がわりとスムーズに出るようになった点。
少ないながらに重低音も聴こえてくるようになりました。
前1の場合、ウーファの制動が強くなるので、低音の弱いスピーカーだとダメなような気がします。
低音の出が良くなったおかげでボーカルの表現にも厚みが増して良い感じですね。
まぁ、高音のきつさはまだまだ感じますがね^^;
しばらくはエージングにも期待して、この構成で聴いてみます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。