スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカースタンド作ってみた。・・・のだが。

何とか一応、カタチにはなりました。カタチには。

P1000682.jpg

ちょっと離れて見るぶんには、高級感もなかなかですね。
それでも見た目だけですがね・・・w


作り方は至って簡単。(口で説明する分にはw)

○材料
まず、材料を用意。
P1000673.jpg

今回使用した材料は

・イエローバーチ板材 200×240×28mm ×2枚
・イエローバーチ棒材 25角×600mm ×8本
・MDFパネル 200×300×5mm ×2枚
・ゴム板 100×100×10 ×1枚(追加で買ったので写真には無いです。)
・黒御影石 200×240×20mm ×2枚

ちなみに材料は以下の店で切り売り購入しました。
黒御影石→石専門店.com
イエローバーチ→府中家具.com
いずれも見積もり依頼をしなくても、気軽に切り売りして頂けるのでDIYの際にはオススメですよ~。

数ある木材からイエローバーチを選んだ理由は
・重くて硬質な木材であること。
・その割には加工性が良いということ。
・比較的安価であること。
そんな感じですね。

黒御影石は・・・w
音質的に硬質重厚なものをスピーカーの下に敷いた方が良いとのことだったので、買ってみました。
少々値は張りましたが、鏡面磨き処理になっており、高級感maxですw


○塗装
イエローバーチ材とMDF材を黒色に塗装します。
地の色ではちょっと浮いてしまうので。
自宅の庭にて塗装。

P1000678.jpg

ちなみにMDFパネルは300mmを240mmにカットしました。


○組み立て
一番下の台板と支柱はイエローバーチ
上板にMDFパネル

ボンドで仮止め後、釘を打って固定しました。

MDF材の上に黒御影石を乗っけて、完成です。


まぁ、慣れない作業ばかりなので、結構手こずりましたよ^^;
釘打ちが一番大変だったかなー。

難しかったところを語るとすごい長文になりそうなので省略ですw


↓設置してみた感じ
P1000684.jpg



で、肝心の音質ですが・・・。

使用しているスピーカーはDENONのSC-E252という小型ブックシェルフ。
アンプは同社DENONのミニコンポであるD-MG33
SACDP、CDPはPS3。(ミニコンポとはRCA接続)

今回のスピーカースタンド製作の一番の目的は、スピーカーの高さを調節して、ツイーターの高さを耳の高さに合わせ、音質うpを施すことなんですよね。
以前はテレビ斜め下に置いてあるDIATONEのスピーカー(DS-55EXV)の上に乗っかっていて、耳の高さよりずいぶん下になるので、音楽聴くときの体制が辛かったんですよね・・・w(高さを合わせないと糞音質ですよ、マジで。)
まぁ、スピーカーの上にスピーカーが乗っている状況というのも、見た目がイマイチですよね^^;

ちなみにDS-55EXVは今のところ鳴らしていません。ただの箱ですねw
夏終わった頃には鳴らしたいなぁとは思ってます。
今のミニコンポ程度では出力的に鳴らせません。


あ、本題に戻ります。

音質なんですが、悪いです。明らかに。

初期の状態だと、上板を留めるのに使った4本の真鍮釘で黒御影石を支えている状態で、真鍮が悪さをしてしまい、高音キンキンの聞くに耐えない音質でした;;
とりあえず、真鍮釘と黒御影石が触れている状態を避けようと、間にいろいろ挟んでみました。
しかしながら、何を挟んでもキンキン音は無くなるのですが、音質的には悪いことに変わりないような状況。

いろいろ試した結果、最終的にはMDF材と黒御影石の間にゴム板を4点支持で挟み、スピーカーの下には以前買ったオーディオテクニカ製の真鍮とコルクのインシュレータ(AT6089CK)を前2つ後ろ1つの3点支持で敷き、一応“聞ける”音質にはなったかな?って感じです。

無論、あくまでも“聞ける”レベルであって、とうてい良いとは言えません。

DS-55EXVの上に乗っかってた時と比べて
(ちなみにその時は、AT6089CKを前1つ後ろ2つの3点支持でした。)
解像度は明らかに低い。
高音の伸びが特に乏しい。
全体的にキレが甘く、ぬるま湯のような音。

う~ん・・・。
見た目は良くなったけど、音質がこれじゃーなぁ。
新しいアンプは迎え入れたくは無いですね・・・。


まー、そもそもスピーカー自体に無理な施しをしているのが原因なのかも知れないですけどねー。
SC-E252は、オークションで適当に漁っていて、見た目とお値段だけで選んだスピーカーなんです^^;
SC-E252は元々高音が出ないスピーカーで、低音が暴れ気味でした。
それをAT6089CKで矯正。
高音を持ち上げるとともに、低音を減量、音を締まらせていました。
インシュレータを使わないと篭りまくりで悲惨な音です。

こんなスピーカーですから、アンプよりも先にスピーカーを変えるべきなのかも知れません。
でも、DS-55EXVの上に乗っていたときは、それなりに魅力的な音を出してくれていたので、素質が無いわけではないと思うんです。
なので、アンプを変えることにより、音質アップは当然望めますし、入出力の端子の増加など、いろいろ便利な面もありますので、そちらを優先したいと思いました。
そりゃあ、スピーカーもいつかは変えたいと思ってはいますがね。


音質劣化の原因はスピーカースタンドにあることは明らかなので、もう少しスピーカースタンドを弄ろうかと思います。
今週末に材料を買ってこようと思うので、買ってきて改造したら、そのときにまた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。