スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃走劇の末@ダクソ

RIMG1583.jpg RIMG1584.jpg

強そうな敵を見つけたらまず逃げることを考えてしまうチキンな僕ですw
だって、どいつもこいつも硬くて火力高いんだもの。
完全に逃げゲーになってしまっているような気もしてくるw
プレイ時間:7時間くらい

飛竜の谷まで進行中。
鍛冶屋さんの後、なんでこっちに来たんだろうw
鍛冶屋さんではとりあえずバトルアクスを+1にしてみたけど、やっぱり他の武器に変えようか悩み中。
まぁ、強化しちゃったものはそのまま使い続けたほうが効率良いんだけどね。
バトルアクスって攻撃が大振りで隙が大きいから、今後のデーモン戦が苦戦しそうだなぁって。
技量をあと+3して春鳥にするか、+1しといてロンソ、もしくは信仰にも振ってアストラか。
デモソでは竿が強かったけど、今回はどうなんだろ。盾無しで行くのまだ怖いしなぁ・・・。
アストラはさっき拾った。強いのかな、これ。
ま、ソウルが全然ないから、今後の方針でしかないけどw
つーか、アストラの直剣まで、頑張って逃げたよ。

鋼のイノシシは毎度スルー。
教会の中のメイス像は倒せそうに無かったので、脇道はないものかと探した結果、とある分岐路で木の橋を渡ったら、そっちには行かず済んだ模様。
その後、教会の2階部(?)を覗いてみたら、こっちにもメイス像がw
気づかれてしまったが、逃げる以外の選択肢はない。意外に足が速かったものの振り切れた。ふぅ。
ようやく鍛冶屋さんに辿り着く。ってか、遠すぎるだろw
ツール箱を早いとこ購入しといた方が良さそうだな。
上にも別のルートがあるようだったが、鍛冶屋さんの地下に入り口を発見。
覗いた瞬間、雷撃が飛んできたので、ローリングで緊急回避。心臓に悪いぞ。
慎重に回避しながら、覗くと、その先には如何にも強そうな黒い物体が。竜っぽいな。
ものすごく硬い上に背後にも尾による攻撃範囲を持っているので、戦いづらいことこの上ない。
諦めて引き返そうとも思ったが、振り切るのは容易そうだったので、スルーして先に進んでみようと。
その先の森でギリースーツみたいな敵がいるが、わりと長い攻撃射程さえ警戒していれば普通に倒せます。
進んでいくと怪しい死角があったので、覗いてみるとアイテムが。何だっかは忘れたが。
おぉ、そしてこの先続いてるじゃん。
どうせ大したソウルも持ってないので、興味本位に進んでいくことに。
わりと深いな・・・。
再登場のスーパーユルト(違)を振り切って、挟間の森の篝火発見。
挟間の森の篝火で休んじゃうと、引き返した先にスーパーユルトが待ち構えてるんだが、気にしちゃいけない☆
エレベータで降りた先は飛竜の谷。嫌な予感しかしない。
うわー、黒いのが2匹いるー。見える範囲で。
とりあえずスルーして進めないかと右側の石橋へ向かうも、挟み撃ちに合い、「YOU DEAD」
再チャレンジ。左側も行けそうだなっと最寄りの黒いのをスルー・・・した先にもう1匹!?
気合でそれもスルー。またしても心臓に悪い。まぁ、こういうのはデモンズで慣れたけど。
戻れるのかな、これ・・・。
この先、篝火見つけた時、どうするか悩みどころだな。
そこからちょっと行くと、古びた巨大な竜の死骸が。
あぁー、動き出したら嫌だなー。絶対に動き出すだろうなー。いや、考え過ぎかなー。
なんて思いつつ、右手のそばにあるアイテムを拾う。大丈夫か。
左手のとこにもアイテムが。これを拾ったらとかね、ははは。
拾ってみる。おぉ、なんか強そうな名前の剣だ!
とか思う間もなく、轟音を上げて古竜再起動。やっぱり来たかw
しかし、緊急回避して生き延びる。僕のスルースキルも向上してるのかなー。
それにしても、そろそろ真剣に生きては帰れなくなりそうだ。
ぼちぼち進んでいくと、奥屋の中に入り、棍棒持ったデブが2匹。
うち1体にバクスタを決めるも、微小ダメージ。スルーしかないな、うん。
スルーした後、もう1匹発見。
こいつもダッシュでスルーだ!ダッシュ!・・・背後から棍棒でドスッ。
瞬間的に飛ぶ意識、一命は取り留めるも、棍棒には毒が塗られていたようだ。
毒に侵された体を引きずりながら、追っ手から必死に逃げる。
病み村に足を踏み入れたところで、地面に叩きつけられる体、暗転する視界、長い逃走劇に終止符を打つ。
エスト瓶まだあったのは内緒。
そろそろ死期だと思っていたから、もう使わなかったけど。
虫の息の状態で毒を食らって、回復量半分のエスト瓶飲んでも多少の延命にしかならんし。
この後すぐ篝火があったとしても、進むも戻るも今のレベルじゃ難しくなるのがオチでしょう。
まぁ、アストラの直剣を拾ったあたりで、いい成果を上げられたと思う。

ちなみに挟間の森の篝火から引き返した先に佇むスーパーユルトですが、彼の攻撃を食らっても一撃死はないし、普通に逃げ切れそうですね。そこで油断してしまっていたら、先述の「怪しい死角」の分岐路のとこでギリースーツ野郎2匹に挟み撃ちに合って絶命しましたがw

文章を切るところを見い出せず、gdgd書いてしまった。
相変わらず日記みたいなものでした。

コメントの投稿

非公開コメント

牛頭倒してうろついてたらドラゴンに焼き殺されますたw

No title

篝火の場所が問題すぎるw
今回はドラゴンの火力がまだ平和的だから、マシっちゃマシなんだけどなー。
プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。