スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカー衝動買いw(DS-32B)

ブログ更新したいなぁ・・・でもレポートあるしなぁ・・・面倒くさいなぁ・・・
とか、やる気皆無なループ思考の末、どっちもしないという、生産性皆無な愚行。
そして、今朝は4時就寝の7時起床、朝食抜きでレポートを仕上げたという。
ホントはそんな時間のかかるレポートじゃないのにね、書き始めたのが日付が変わっていたのよね。
いつになったら懲りるという学習をするのだろうか。

で、昨日(笑)は、現実逃避がてら放課後にハードオフに出掛け、衝動買いしてきました。

RIMG1610.jpg RIMG1612.jpg

DIATONEのDS-32Bという古いスピーカーです。発売は1979年。
音出しはおkのジャンクで1,050円でした。
昔、同社のDS-55EXVを買ったことがあり、壊れていてロクな音が出なかったのは思い出ではありますが、今でもDIATONEのスピーカーというのに興味はあったので。

で、やや強引に設置。PS3とか箱○の置き場がw
ちなみにアンプはR側に乗っかっている(笑)DENONのミニコンD-MG33で鳴らしていますw
これは元々実家に放置してあったものですが、カーオーディオ用のMDを製作するために持って来ました。
まぁ、このサイズのスピーカーをミニコンでドライブするというのも問題アリかも知れませんが、DS-32Bの定格入力は25Wと低めで、6Ω・91dBと能率は悪くないバスレフ型なので、とりあえず鳴らすのは可能でしょう。イージーリスニング用になら十分使えるかなと。ミニコンの魅力は手軽さですしねー。

音質ですが、良いですね。
1,050円で買った30年以上前のスピーカーをミニコンでドライブしているとは思えません。
特に高音が美しく、霜月はるかさんの声の質感にちょいと鳥肌が立ちました。
透明感に加えて、柔らかい艶があります。
ただ、ハイハットや打ち込み系の音源では歪んだように聞こえることもありますけどね。
常にキンキン音の安物リボンツィータの自作スピーカーに比べれば、幾分聴きやすい音ですがw
問題点としては、L側のツィータが動いてないことかな!(ぇ
最初は違和感ありましたが、それでも心地よい音だったので、しばらく我慢して聴いていたら慣れてきました。
意外と慣れられるものなんですねぇ。

中低音までは厚みは十分ですし、全体的にボーカルが良いです。
ただ、重低音が出ません。
床にベタ置きの25cmウーファのバスレフとは思えないくらい出ません。
おそらくユニットのエッジが硬化してると思われるので、なかなかドライブできないのかも知れませんね。

でも、ミニコンでこれくらい鳴れば十分だと思います。
分解能も問題ないレベルであり、1979年と聴いて想像していたレベルは遥かに超えています。
A-A9MK2でドライブしたD-77FXⅡより音質良いですよ、これ。
この時代のスピーカーの愛好家が存在する理由も分かった気がする。

あと、試しに今さっきA-A9MK2でDS-32Bをドライブしてみました。
すげぇ・・・音の厚みと言うか密度感・スケール感が全然違うw
3万のミニコンと10万のプリメインじゃ、次元が違うのも当然だよね。
特に中低音が充実したおかげで、音の腰が据わった印象。
高音の歪みも軽減しました。ミニコンにも原因の一端はあったわけですね。
ボーカルもより瑞々しくなりました。やっぱこのスピーカーのボーカルが大好きです。
重低音は相変わらずあまり出ないんですが、これくらいで良いです。
バスレフで量感が増えると不快でしか無いでしょうから。←密閉型信仰

TAKET-BATPUREの接続も試みましたが、良いですねぇ、これ。
高音の歪みがまた軽減し、聴きやすさが向上した印象です。
ツィータが片側しか動いてない状態でも、少しセンター寄りに定位するようになった気がするのは気のせいか。
全体的に音質向上していますが、低音が弾性を帯びて弾むような感じが強くなった気もします。

今の気持ちとしては、とりあえず完動品のコレが欲しい。
エッジの硬化なんかはしょうがないので、せめて全てのユニットが動くやつ。
ヤフオクだとコレの上位機あたりでも数千円で出ているので、手を出してみようか悩んでいます。
いずれは新品でスピーカーを購入するという目標に違いはありませんが、それまでの繋ぎとして、買ってからも併用することも想定して。
ぼちぼちヤフオクで散策してみましょうかね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。