スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温湿度計

そろそろ寒くなってきて、乾燥も気になる季節ですよねぇ。
だからというわけでもありませんが、温湿度計を導入してみました。

RIMG1648.jpg RIMG1649.jpg

評判の良いEMPEX社のEX-2718という温湿度計を選択しました。
これに搭載されているスーパーEXセンサーは、民生用最高精度の温度±1℃/湿度±2%を誇ります。
尼で1976円で購入。・・・しかし、さっきNTT-X Storeで1491円で販売されているのを発見してしまった・・・。
お買い求めはそちらの方が良いかと思います^^;
それはともかく、このお手頃な価格で最高水準の精度が得られるのは凄いですね。
加えて日本製ですし、企業努力の賜物とお見受けします。
シルバーのEX-2717もありますが、僕はシャンパンゴールドを選択。
しっかりした造りと塗装なので、見かけの高級感はあると思います。

以下、参考にならない余談

RIMG1650.jpg 無題

EMPEXを基準とし、部屋に転がっていた100均(Seria)の温湿度計の精度はどんなものなのか比べてみました。
一応、各計測時の写真も撮ってありますが、掲載は要らないよね?
お前の言うことなんざ信用できるか!という方がいらっしゃれば掲載しますがw
計測条件は高さ37cm、テレビの前です。
テレビはそんなに使ってないとはいえ、PDPはけっこうな発熱源なので、気温は高めに出ることはあるかも。
今回の検証では使用直後の計測は避けていますが、余熱の影響は少なからずあるでしょう。
あと、定義上の室温を知りたいのであれば、1m程度の高さで測定しなければいけないのかもしれませんね。
しかし、僕は常に座椅子に座ってることが多いので、今回は実用上の高さの室温を計測しました。

100均のは温度は正確ですね。湿度は乾燥してるか湿っているかくらいは分かるレベル。
ゼロ点がやや高めに設定されていることを念頭に置けば、湿度計もとりあえず実用的かな?
とはいえ、100均のは個体差も激しいでしょうから、一概には言えませんけどね。
これを買った時は、いくつかを比べて同じ値を示している個体群の中から選んだように思います。

まぁ、それはどうでも良くて(ぇ
えーっと、僕の部屋は恒温室なんですかね?w
朝から晩までほぼ23℃一定。
確かに常に温かい部屋だとは思いますが、体感温度はもうちょっと変化してるんですけど。
初期不良を疑うレベルですが、100均のも同じ値を示していますし、窓開けたらちゃんと下がりました。
それにしても、7時台という時間帯で19℃までしか下がらないのは如何なものかという気もしますが・・・。
窓を開ける際には、ドアも10cmほど開けて、風を通しています。
RC構造のアパートの断熱性パネェ。
湿度もだいぶ高いよなぁ・・・。
冬場は過ごしやすいですが、これが夏のカビ災害を招いたので、手放しには喜べません。
暖房代は浮きそうで、お財布には優しいです。

ちなみに除湿機はコロナのCD-P6311ですが
あまり湿度は下がっていないのは、洗濯物を干していたからです。
なかなかハイパワーな奴なので、普段ならもっと乾燥すると思います。
・・・この時期に除湿機の話題はアレですかねw
実家ではそろそろ加湿器が必須になってきます頃合いですが、こっちではどうでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。

カメラのWBやPCモニタで色合いは変わってきますので、あまり鵜呑みされても困りますが
参考にして頂けたようで光栄です!^^
プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。