スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V-CAN II (感想1)

とりあえず外観の写真をば。
ほんとは内装も一緒に掲載しようと思ったけど、ネジ硬すぎで^^;
後日、帰省から戻った時に、ラチェットでこじ開けられたら、掲載しようと思います。

RIMG0018_20120104201128.jpg RIMG0019_20120104201128.jpg
前代機V-CANは黒かったですが、IIはシルバーでした。ツマミは黒のプラ製。
低価格帯は、外装にかける金あるなら内装にとはいうものの、なんか自作臭が凄いw
フロントのヘッドホン出力はミニジャックと標準ジャックの2系統あります。
このジャック、カチっと気持ちよく挿し込めます。なんか新しい快感を味わった気分。
リアには入力に加え、ラインスルー出力端子が設けられており、何気に嬉しい仕様です。
あと、電源スイッチの省略は男らしいコスト削減ですね!
代行輸入業者が付けてくれたACアダプターはタムラ製作所の日本製で、トランス式ということでかなり重量感のあるしっかりしたものです。スペックは12V・700mAとなっています。V-CANの正規輸入品と同じ物かな?

RIMG1774.jpg
電源ランプは背面にあり、綺麗な青色。写真で見るより深めの青で、程よい輝度です。

通電50時間弱ですが、箱出し時より低音が出てきたかな。
ノートPCのヘッドホン出力直挿しに比べれば厚みが全然違います。
真空管交換前のHA-1Aに似てるかも知れない。音が力強く迫ってくるあたり。
あくまで石っぽい音ではあるし、高音の粗さはなく、あれほどのノリの良さはないように感じますが。
まぁ、ちゃんとしたCDPやUSB-DAC繋げたら、まだ印象は変わるかと思います。
W1000使用で、高音のレンジに不足感があるので、改善されることを期待。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。