スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオ雑感

まぁ、いつもどおりのチラ裏です。

先日単体HPAを購入したので、DAC購入に対する興味が急激に薄れました。
DACはHPAを兼ねて買いたいと思っており、その両者の重視度はほぼ等価でしたので。
PD-5000は20年前のCDPですが、8倍オーバーサンプリング処理を行う18bitDACと立派なアナログ回路で、まだまだ現役で頑張ってくれるはず!それに対し、音の変化を明確に感じるためには、やはり10万程度のDACは必要だと思いますし、そこに10万の音の変化を得られるかというと、ぶっちゃけ無いですよね。
なので、どうせならHPA付きにしようと。
単体HPAにしても持ってるヘッドホンは全て3万以下なので、そんな高価なHPAは必要ないとは考えていたものの、低価格帯のHPAってあんまり惹かれるものがなく、結局高価なものに惹かれていた感じでしたので。
しかし、そういう中ようやく見つけたのが V-CAN II ですね。
電流増幅回路をディスクリートで組むことによって低出力インピーダンスを実現、幅広いヘッドホンを鳴らせるようにしてるあたり、低価格帯の中では拘りを感じたHPAです。

それにしても、うちにあるHPAは暖色系の音ばっかだなー。
V-CAN II は、これはこれで良いのだが、うーん、スピード感のある寒色系のHPAも欲しい。
唯一音の出た自作HPAがそんな感じではあるんだけど、如何せん薄いし低音不足だ、あれは。
NmodeのX-DP1あたり聴いてみたいけど、高すぎる・・・。
もうちょっと価格下で、AT-HA5000あたりも気になるけど、単体HPAとしてだと、まだ高い。
で、さっき見つけたのがAT-HA21。
HA20にあまり良いイメージがなかったから盲点だったんだけど、HA21はかなり頑張っているご様子。
出力やS/N比といったスペックにもそれは現れてる。
TOPAZsで痛い目にあった僕として気になるのは出力インピーダンスだけど、HA5000とは違いスペック表には記されていないものの、同社のヘッドホンに合わせて出力インピーダンスも低く抑えられてるだろうね。
ラインスルーがあるので、TOPAZs→AT-HA21→V-CAN II →HA-1A改っていうタワー構成も可能w
でもなー、こんな価格帯のHPAいくつ集めたってなー、という気はする。
ortofonのHd-Q7くらい手を伸ばした方が良いのかしら。
寒色系かどうかは分からないけども、ニュートラルでクリアな音っぽい。

話は戻りますが、DACをやめるということは、メインオーディオの補強方針はスピーカー購入に絞ることに。
CORAL DX-7などのビンテージ機か、Klipsch RF-82 II などの現行機かは、まだ迷ってます。
お年玉に少し色が付いたので、後者でも近いうちに現金+クレカローンで買えそうですがw
後者は聴いてみたいところですが、扱ってる店がない(´・ω・`)
DACを最新にしないのであれば、バランス的にスピーカーもビンテージで良い気もする。気分の問題だけど。

あと、考えた方が良いのかもしれないのが、CD-Rの作成環境です。
PD-5000をしばらくは使っていくわけですから、CD-Rを焼くことも多くなるでしょう。
まぁ、現状のアニソンやボカロだけであれば、今の環境でも十分なのですが、少し一般的なJ-POPにも手を出そうかと思っている次第です。
流石にCDを買っていくわけにもいかないので、レンタルでコピーすることになるかなぁ、ってわけで。
とはいえ、現行のDVDやBDドライブのCD-R焼きの品質はどんぐりの背比べらしいですからねぇ。
新品ならわざわざドライブ買い足す必要はないとのこと。(等速焼きできないドライブばかり)
今は亡きPremium2っていうCDドライブが良いらしいものの、かなり高価ですよね、これ。
ヤフオクにまだ新品が出回っているようですが・・・。本物なのかな、正規価格なのかな。
経済的に、今持っているドライブ搭載機器を使うなら、NECのディスクトップかONKYOのノートPCですが、前者の方が良さそうですね。
ディスクメディアは・・・とりあえず太陽誘電製買っておけば良いのかな。
太陽誘電のマスター用のCD-Rなんか1枚320円程度で手に入りますが、Premium2なんかの高音質ドライブでもなければ、猫に小判ですかねぇ。
せめて音楽用の高品質メディアのゴールドレーベル、1枚170円くらいのにしとくのが精神衛生上無難か?
そんなに数を作るつもりがないなら、前者でも良いような気もするけどw
正直なところ、プラシーボ効果に期待しないのであれば、安いデータ用でも違いは分からないと思うねw
ブラインドで一回試してみるのも面白そう?

これ書いた後で気付いたのですが、CDレコーダーという選択肢もありますねw
現行品は殆ど無いですが、ヤフオクで中古品が安く手に入ります。
アリかも知れないな。

PCの再生ソフトはWMPで良いか。
今のようなヘッドホン出力からHPAに出力してる状況だと、WMPとPureSpaceで音質差がけっこうあるんだけど、確か前にUSB出力でTOPAZsを使って両者の音質テストした時はそんなに変わらなかったから。
それにPureSpaceは何かと動きが不安定(ソフト起動中に接続してるUSBオーディオを取り除くとフリーズしたり)なので、あんまり使いたくないんだよね。何故か音飛びするしw
CPU使用率はWMPの方が高く、メモリ使用率はPureSpaceの方が高い・・・ってスペックは別に問題ないはず。
そもそもPureSpaceってプリインスコされてるソフトだしw
なんか常駐ソフトが邪魔してるのかなー。ま、それが直っても使い勝手悪いからWMPで良いけど。
他のソフトも試せよwって言われそうだけど、WMAロスレスで圧縮保管してるから再生ソフトが少ない件。
マイナー規格はATRACで痛い目にあったけど、そもそも可逆圧縮規格ってどれもマイナーなんだよねぇ。
かと言って、WAVは普段使いに使い勝手悪いし・・・。CDコピーの際は使うと思うけども。


あと余談ですが、映像関連も考えていましたが、うーん、とりあえず白紙かなぁ。
実は、実家用のモニタを考えておりまして。
現在はPC用の23インチ液晶モニタを持ち運びしているものの、画質がいまいちな上、割らないように運ぶのが面倒だなぁというのがあります。
方針としては2つ。
・持ち運びが楽そうなヘッドマウントディスプレイHMZ-T1を導入する
・最新のプラズマを購入し、古いプラズマを実家に持ってくる
前者の利点としては、一人暮らし先でも活用できること。
(致命的な)欠点としては、手元が見えず、当然よそ事をしながら使えないこと。
実家にてコレ1台で生活するのは、正直無理がある。ネットしながら使えないのはちょっとねぇ。
面白そうな製品なんだけどなー・・・。
後者の利点としては、普段使いのディスプレイを強化できること。
欠点としては、古いプラズマをどうやって持ってくる方法の検討が必要。
親に計画を少し漏らしたら、アホかと言われ、今度は手伝わんぞと予防線を張られましたのでw
軽とはいえ車に載せてくるのは無理では無いのですが、設置がなぁ・・・。
ヤマトの家財宅急便でも利用するのが手っ取り早いか?w
後者でいくとして、TH-P42ST3あたりを導入するなら、HMZ-T1と同等のコストで済むけど、同インチで入れ替えるのって勿体無くね?という感じもするので、46インチを狙うのなら9万円くらいかかるなぁ。それにヤマトの家財宅急便を利用するなら、合計経費としてはもうちょいプラスされる。
まぁ、そう考えていくと経費が膨らんできまして、「あー・・・なんかもうこの液晶モニタで良いや」となってしまうので、とりあえず白紙撤回というわけでございます。
今使ってるTH-42PZ80は、ひと夏の給料全額15万円を当てて購入したプラズマでして、一年の大半を置物にしちゃうのは勿体無いような気もするしね・・・。その3分の1の価格で同インチかつ高画質のモニタが手に入る現状は、喜んでいいのか悲しんでいいのか、悩む次第です。


なんか暇な時に書き足してたら、これまた物凄い長文になってた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。