スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年目を迎えて

RIMG0055_20120324162325.jpg RIMG0056.jpg

我が愛機・P905iTVの外装交換をしてもらってきました。
外装交換自体は2回目かな。前回はスライド部が破損した時でしたね。
交換箇所:フロントケース、リアケース、基板、ディスプレイ
外装だけ頼んだのに、要するにほぼ全部ですねw
ディスプレイの交換ってのは珍しいんじゃないかと思うけど、バックライトが劣化してたのかな?
頼まれてなくともやってくれる、こういった気配りのある修理はありがたいですね。別料金なら困るけど。
メーカーとしては買い換えて欲しいという気持ちもあるでしょうに。
バッテリーもカバーも新調したし、もう完全に新品ですねぇ。
こいつとは丸4年の付き合いですが、もうちょっと付き合うことになりそうです。

この携帯の魅力に改めて触れるとね、デザインに終始しますw
家電好きにはたまらんのですよ、これは。
ゴテゴテ飾るより、シンプルにテレビ!って感じが良いです。ワンセグは殆ど見ませんがw
ガラケー最大級の3.5インチFWVGA液晶は顔として申し分ないね。
「Panasonic」「VIERA」のロゴは上品な反射質の銀文字で描かれ、高級感があるのです。
旧「DoCoMo」ロゴは好きだし、さり気なく配置されてるのが良いね。
あと、カメラが目立たないように付けられているのは好感が持てます。画質は及第点ですが。

ちなみに携帯のカメラなんて200万画素で十分だよね。
携帯に内蔵されるような受光素子の大きさでは、これ以上の画素数は害悪でしかない。
千何百万画素(笑)あっても、ディスプレイの画素数程度にプリセットされてるから、意味のない使い方してる人が多そうだし、画素数を引き合いに出してデジカメイラナイ!なんて話されるとガチで笑うぞw
今の技術で200~300万画素のカメラを真面目に開発すれば、携帯でも良い画が撮れると思うんだけどなぁ。
画素数至上主義なんて腐ったものがあるから、それじゃ売れんのだろうけど、困った市場だ。

代用機はP-10AっていうWオープンの比較的新しい機種だったんですが、P905iTVの方が使いやすいね。
改善されてる箇所もいろいろあったので、単に慣れてるってのが大きいけどw
P905iTVのキーピッチの狭さに慣れると、折りたたみ機の広さには違和感がありすぎて困る。
ディスプレイも小さすぎるし粗い。3.0インチなんて昔は大きさに驚いたもんだがなぁ。
まぁ、P905iTVの3.5インチも、スマホの4.0インチ以上を使うと小さいと思えてしまうんだろうけど。

1週間程度で修理から戻って来ましたし、良い修理対応でした。
次スマホに変える時も、出来ればパナにしたいなぁ。
DSでの待ち時間で冷モック触っていて、P-04Dがけっこう気になってます。
手に吸い付くような持ち心地、手に馴染む感じが素晴らしかった。温モックも触ってみたいところです。
これを修理したばかりですし、買い換えるつもりはありませんけど。
とりあえずパナの次世代機ELUGA POWER狙いです。まぁ、出来たモノを見てみないと何とも言えませんが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。