スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラオプションパーツ

RIMG0074_20120331173825.jpg RIMG0080.jpg

オートレンズキャップもあった方が絶対に良いと聞き、買ってみました。
社外もありますが、サイズを変えないのは純正品だけ。というわけで、やや割高ですが純正品。
XZ-1ってコンデジでは珍しくセパレートタイプのキャップを採用しているんですよね。
これは前に所有していたネオ一眼のDMC-FZ10で経験しましたが、やっぱ面倒くさかったので。
XZ-1の場合はキャップが電源ONと同時にポロッと落ちる仕様のため、普通のそれよりは楽にはなってるわけですが、マクロで下向きに撮る時に、落下防止の紐付きキャップがブラブラと鬱陶しいことになります。
一眼ライクの構造は格好良いですが、利便性が最重要ですからねー。
正直、このオートレンズキャップは格好悪い^^;

あと、HAKUBA G1というカメラグリップも付けてみました。
グリップ感は多少良くなりましたが、手ブレの具合は殆ど変わらないですね。
F1.8のロゴを消して格好良くなったので、まぁ、良いです。
ロゴというと、HDのロゴも消したい。どう見ても要らんだろう。動画性能売りたいの?

写りはCX1より良いです。当然ですが。
まだ全然使いこなせてません。F値の切り替えとかCX1じゃ出来ませんでしたから、また試行錯誤中です。
操作感は・・・難有りですねぇ。巷で言われてるとおりですが。
何かするのに2動作必要なことが多いです。マクロモードへの切り替えとかも。
ワンタッチで基本的な動作を変更できたCX1とは雲泥の差。
しかし、CX1で少し奥深い変更をしようと思うと面倒でしたが、その辺はXZ-1の方が少し楽かな。
あと、1cm接写可能なスーパーマクロモード(笑)
最近はごく普通の仕様にスーパーは要らないですし、ズーム不可なのは意味がわかりません。
CX1みたいにマクロモードに統合しても良いんじゃないかなぁ。

背面モニタは普通に綺麗ですね。
少しマゼンタが強いという話を聞くとおり、確かに赤みを帯びて、CX1のモニタより鮮やかですね。
実際に写真を印刷しようと言う時に特に問題になりそう。
精細感はCX1並に感じますので、やはりペンタイルのVGAクラスでしょうか。
(モニタのアス比が3:2なので、VGAという表現は正しくありません。)
・・・と思って、調べてみるとやはりペンタイルでした。
RIMG0083_20120402165808.jpg
CX1での1cm接写。解像度は10Mで、出来る限り光学ズームを効かせています。
CX1は1cmを維持したままある程度まで光学ズームが効くんですが、XZ-1では出来ませんねぇ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。