スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKG K550 購入

ヘッドホンとしては1月のT1以来か。
イヤホンはHidefJaxを買ったけど。
フジヤエービックの通販にて24,800円で購入。
欲しいと思った時が吉日、直輸入品の在庫復活が待てず、ポチってしまったんだぜ。
買わず後悔より、買って後悔。(ぁ

PC060171.jpg
すごく立派な箱です・・・。

PC060172.jpg
うはぁ・・・格好良すぎるぜまったく。造りもかなり良いです。
できればMade in Austriaが望ましかったけど、AKGさんいい仕事してるね( ̄▽ ̄)b

まだそこまで聴いてないけど、開放型っぽい音把握。
低音は密閉型っぽさを感じるものの、高音の抜けの良さが良いねー。
低音の量感は個人的には十分で、ローエンドまでしっかり伸びてるんじゃないかな。
とにかく透明度の高い澄んだ音。
ここまでだとATH-W1000に似てるなぁってところなんだけど、硬さの無さが決定的な違い。
音の描写が柔らかくて、すごく心地よく奏でてくれる。
この辺はK601に通じるものを感じるねー。
AKGのヘッドホンはまだ2台目だけど、僕はAKGの音が好きなんだろう。
ちなみにK601と音のバランス以外はそんなに似ているわけではない。
まぁ、開放型と密閉型の時点で、違って当たり前なんだけど。
K601は少し曇っていてあっさり落ち着いた音質に対し、K550は音に響きというか艶を感じる。

あと、印象的だったのは、遮音性が高いせいか、音が静かさに感動した。
何というか、音のバックグラウンドが無音。あんまり他のヘッドホンでは感じたことがない。
また、音漏れ防止も高く、外でも十分使える。
しかしながら、やはり本体がデカく、コードが3mなのがポータブルとしての難点だが。
非常に心地よい優しい音を奏でるので、夜行バスのお供に良いかもしれない。

装着感はそこそこ。
側圧強め。K601みたいなフワッとした装着感では決してない。
この時期でも暖房の効いた部屋で使ってると蒸れるので、夏場は辛そうだ。
音質は全くもって聴き疲れするようなものではないが、装着感の方が原因で長時間使うのは厳しそうである。

かなり当たりなヘッドホンですね。
箱出しでは音が近くて団子状の印象だったんだけど、日が経つにつれ、ほぐれてきて音場も広がった印象。
なんかHPA欲しいなーって思っちゃいますね。
V-CAN II は高音の伸びを殺しちゃう感じでよろしくない。・・・TOPAZ Sig.は言わなくても良いよね。
K550の音を活かすならHd-Q7とかかなぁ。ポータブルも考慮するなら、MHd-Q7はどうなんだろ。
しかし、どうせ買うなら、もうちょっと良いの買いたいような気もするけどねー。

(余談)
今回は少々購入目的がありまして、研究室での使用とHMZ-T2での使用だったんですよ。
したがって、条件は
・音漏れが少ないこと
・ミニプラグであること
・装着感が良く、長時間使えること
・聴き疲れしにくいこと、音場が広く閉塞感が少ないことが望ましい
みたいなところ。
そんなヘッドホン無いだろうなwと内心思っていたのですが、K550がわりと当てはまります。
なんか購入目的別に買えよと言われそうですが、HMZ-T2とか使う機会限られるしなー。

そういえば、TW-S7の記事で財布の心配してた件にはノータッチで。(ぇ
臨時収入あったわけでもなく、実のところけっこうギリギリだけど、何とかなるだろたぶん(

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。