スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルノー ルーテシア 試乗

アテンザ欲しい!
とずっと言い続けていますが、親からは不評なのです。でかいし、セダンだし、と。
アテンザ_サイド
うーん・・・まぁ、デカさに関しては個人的にも、取り回しに不安がないわけじゃないですね。
車の購入にあたっては、最終的に全て自分で支払いますが、とりあえず親の協力が不可欠です。
円滑に進めるためにも、快く協力して頂きたいところ。

そこで、第二候補ではない(妥協ではない)他の選択肢を検討することに。

現状その解答に一番近いと感じている車は、ルノー ルーテシアです。
ルーテシア
だいぶ前どこかで展示車を見て、一目惚れした車です。
しかし、外車でありますので、無理かなーっと思考の外に追いやっていた車でもあります。

最近、母親が外車に乗りたい!と言い出して、外車に対する拒否感が完全に払拭してるようだったので、
ルーテシアのカタログを取り寄せ、交渉に臨んだところ、好感触であり今回の試乗にまで至りました。

車の要素に対する個人的に重要視してる点は、1. スタイリング 2. 乗り心地 3. 運転の楽しさ の3つです。
もちろんそれ以前の問題で、コスト(車体価格、維持費)という要素がありますけど( ̄▽ ̄;)
どれが欠けていても不満に感じると思います。
例えば、運転していて楽しいからと、ストイックなサスペンションで乗り心地最悪ってのは論外です。

ルーテシアに関しては、1~3全てをほぼ満たすかなと思います。
一目惚れという経緯からして、1は確実に高得点、2~3に関しても今回の試乗で少しわかったかなと。
正直なところ、車経験が少なすぎて、試乗して語れることは少ないので、ご了承を。

試乗した車種は、ルージュフラムメタリックのルーテシア ゼン です。
助手席に店員さん、後部座席に母親を乗せています。
一番気になっているグレードはルーテシアGTなんですが、残念ながら試乗車はありませんでした。
ルーテシアGT

1. スタイリング
いつしかの展示車と同じルージュフラムMのルーテシアを改めて見ましたが、素晴らしいです!!!
写真はいくつもネットに転がっていますが、写真では表せない鮮やかで深みのある赤色だと思います。
マツダのソウルレッドプレミアムメタリックと似たような感じでしょうか。並べて見てみたいな。
目の下の黒いアイラインが独特の魅力を醸してますね。
マツダと言えば、このルーテシアのデザイナーは、2012年にマツダから移籍したヴァン・デン・アッカー氏ですね。
確かに似ていますよね。アテンザも一目惚れに近いので、惹かれるところは同じということでしょうか。

ルーテシアGTはフロントのアンダーグリルが少し男前になり、こちらの方が好みです。
RSになると、さらにアンダーグリルが厳つくなりますが、あそこまでいくと美しいルーテシアのルックスに水を差しているように思うので、あまり好きではありません。
GTの純正ホイール格好いいですしね!・・・リアがドラムブレーキなのは少し残念ですが。
ルノーの若い店員さんは、逆にドラムブレーキだから良いと思うとおっしゃっていました。
ディスクより制動力高いし、ブレーキパッド変えなくていいし、フィンドラムだから熱も籠りにくいですよ、と。
わかっているんだ。ドラムが良いのは・・・。見た目なんです、見た目。(

余談ですが、そのルノーの若い店員さんは、ルーテシアⅡのRSに乗っていて、ルノーが大好きだそうです。
スタビライザーを入れたりしてサーキットにも走りに行くくらい走りも好きらしい。


2. 乗り心地
良かったですよ・・・。感動しちゃいます。
路面の凹凸などの情報はしっかり感じ取れるように思いますが、車内に突き上げ感は一切ありません。
車体の体勢が常にフラットなんですよね。
バネのストロークがしっかりあると言われるのはこの辺かと感心しました。
後部座席には母親が乗っていましたが、安定していて乗り心地が良かったと同様の感想を頂いています。

気になった点は、1750mmの全幅の割に車内が窮屈に感じた点でしょうか。
調べてみると、なんと内寸は1365mmしかありません。
参考にですが、エッセの全幅/内寸は1475mm/1300mm、現行フィットは1695mm/1450mmです。
分厚い装甲に覆われてるような感覚という安心感はありますが・・・w

GTではスプリングレートが上がるのだけれども、どれだけ影響があるのか。
RSでも日常使いに問題ないという声も聞きますし、その店員さんはノーマルとGTだと限界走行でもしないと違いわからないと思いますよとおっしゃっていました。


3. 運転していて楽しいか
パワーやトルクに関しては、1190kg(1210㎏)の車体に1.2L直4ターボ(120ps/4900rpm、19.4kgm/2000rpm)ですから、十分と言えると思います。試乗では、スペック通り低回転から太いトルクを感じることができました。
ルノー内製DCT(EDC)の出来にはいろいろ言われてますが、少なくとも僕の感性では変速ショックなどは問題ないと判断します。坂道発進は少しガタついたような気も・・・?しますけれども。
ステアリングは適度な重さがありますし、気持ちよく狙い通りのルートに入れます。
バネのストロークがある分、旋回時にロールはそれなりにするんですが、気になるほどではありませんでした。
わざとロールさせて外側のタイヤにグリップを集中させることで、踏ん張らせて旋回の安定性を確保してるようですね。

楽しいかどうかと言われると、試乗レベルではちょっとわからんかなぁ。
少なくとも思い通りの運転ができる、運転していて疲れない車であることは何となく伝わってきました。
まぁ、楽しさと乗り心地を両立すると、これくらいが妥当なんですかね。
やはりMT乗りたいなぁ・・・と思わないかと訊かれると、思わないと答えられません^^;


まー、こんな感じですかねー。
良い車だと思いますよ。経験少ないからかもしれませんが。

DSC_0006.jpg

ルーテシアGTにオンダッシュボードナビとETCを取り付けて、諸々込みで300マソ。高い・・・。
多少スタイリングを妥協すれば、アクティフやゼンという選択肢もあるが。
まー、アテンザ20Sの見積もり取ってもこんなもんでしょう。
しかし、ルーテシアちゃんはハイオクで12~13㎞/Lらしいから、通勤に使う以上は燃料コストもなぁ・・・。

購入時期については、個人的な希望は就職と同時くらいに親にローン立てて買うことなのですが、
まぁ、常識的な感覚から、初ボーナスくらいの時期までお預けかも知れません。

今度、アクセラあたり試乗したいなぁと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。