スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VW ポロ 試乗

この日曜日、VWディーラーへポロⅤの試乗に行ってまいりました。
まぁ、母の車選びへのお付き合いですね。
フィアットパンダあたりも気になっているようですが、近くにディーラーがないのでとりあえずVW。

母は試乗の運転をしたがらないので、僕が代わりに運転してきたのでちょいと感想をば。
よくルーテシアと比較される車ですが、どないでしょうか。

DSC_0239.jpg

写真は展示車のポロ TSI Comfortlineですが、試乗車はそのUpgrade Packageでした。

ルーテシアより明確に良いと感じた部分は、エンジンとトランスミッション。
ルーテシアでは感じるターボラグやシフトショックは、ほとんどありませんので。
VWの7速DSGは優秀だと聞き及んでおり、比べるとルーテシアの6速DCTはいまひとつというのが世間の評判でしたが、確かにその通りです。同じDCTでもここまで違いを感じるものなのか、と。
エンジンも低回転からスムーズであり扱いやすいので、加速の安定感は頭一つ上ですねぇ。

ちなみにうちのルーテシアGTにはブーコンが付いていて、馬力トルクともにアップしてます。
が、試乗程度の速度域では感じられないと思います。現にポロTSIとも大差ない印象でした。

気になった点は、どことなく安っぽさを感じるところでしょうか。
ハンドルも含めてインターフェースの質感もそうなんですが、乗り心地も然り。
基本的にフラットで上下動大きくはないのですが、路面情報の伝え方に上品さはありません。
大きなショックが入った時に、カツーンという音程の高い安っぽい音が聴こえることがあるのが何とも・・・。
ルーテシアGTの乗り心地もあまり褒められたものではないのですが、比較すると上品だと僕は感じます。
シートの質感もルーテシアGTの方が良いですね。
ポロのシートは硬めです。酷評されるほど酷くは感じませんでしたが、長距離は辛いかも。
インターフェースの質感も合わせると、ルーテシアGTの方が高級感という点では上かと思います。

一長一短と言えるかと思います。どの辺を重視するのかと。
今回は僕が乗っているルーテシアGTと比較しましたが、本来の対象はゼンが妥当かと思いますね。
そうなると、どちらとも本体価格はほぼ同じ。
総評としては、乗り心地やインターフェースの高級感という点でのコストパフォーマンスはルーテシアの方が良いかと思いますが、エンジン・トランスミッションといった動力性能はポロの方が出来は良いと思います。
ただ、このポロTSIでスポーツ走行をしたいかと言われるとNOです。ルーテシアのゼンもそうなんですがね。
ルーテシアGTはその点においては良い選択だったと思ってますし、ポロもGTIまで行くと楽しそうです。

(余談)

DSC_0240_20150907214610275.jpg

新型パサートは大好きなスタイリングの車です。
もう少し歳を取っていたら考えたい車でしたね。
最低グレードから1.4Lターボで340マソ程度というのは安いんじゃないでしょうか。
あ、でも、アテンザの2.2Lディーゼルより高いと考えるといまひとつか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。