スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト終わったー

今、空虚な達成感に満ち溢れていますw
なぜ“空虚”かって?
そりゃあ、あんまり勉強できなかったからです(爆)
「頑張ったぁー!」という達成感ではなく、単に「終わったぁー!」という達成感。
次回こそはガンバロー(棒読み)

オーディオ関係で2点ほど。

○スピーカー KENWOOD LS-S10 購入。

RIMG0361.jpg

またスピーカーかよっ!というツッコミは無しでお願いします(ぁ
これはデスクトップ用に買ったスピーカーです。

2本で1万ちょいっていうリーズナブルなスピーカーですね。
KENWOODのこの価格帯のスピーカーは、ハイCPということですごく評判が良いんですよ。
この価格帯にはLS-K701,K703,K711などのKシリーズがありますが、なぜそれらではなくLS-S10を選んだかというと、何よりこのコンパクトさです!
幅が10.2cmと、ものすごく小さい。
届いて開けてみたら予想以上に小さく感じましたね。
デスクトップに置くうえで、コンパクトさは最重要ファクターのひとつです。
コンパクトスピーカーというのは、たいてい幅は15cm前後なんですけど、ちょっとそれじゃデカ過ぎ。

まだ鳴らしてないので、詳しいレビューみたいなのは後日。


○インシュレータ AT6089FT 購入。

RIMG0359.jpg

以前から愛用しているAT6089CKは真鍮+コルクだったんですけど、このAT6089FTは真鍮+フェルトです。
これはSC-E252用に買ったものです。

試行錯誤の結果、前1つ・後ろ2つの3点支持で使用することにしました。
今までどおりの前2つ・後ろ1つ、または4点支持では、どうも低音の出方に違和感を覚えてしまったので、消去法的にそういうことになったんですよね。
で、以下感想です。

まぁ、材質からも予想できますが、メーカーの謳い文句どおり、柔らかい音ですね。
すごく音が自然に響きます。
かと言って、篭り感を感じる音にはならないのが凄いと思いました。
SC-E252に元から付いていたフェルトは糞ですが、こちらのフェルトは違います。
フェルトの質感も違うようですが、おそらくそれ以上に真鍮が効いているのかなーっと。
解像感は確かに薄れましたけど、そんなのどうでもいいと思える音ですね。
これがSC-E252の音なんだなと感じるような気がします。(=DENONっぽい音)
低音も結構出るようになりました。
こちらもあまり制動を感じる傾向ではなく、柔らかい質感です。
ピアノとかの生楽器は素晴らしいですね~。

クリアで無骨なSB-6とは対照的に感じる音となりました。
今後、使い分けしていくにあたって、これくらいの音の違いがある方が面白いですね。
SC-E252でここまで満足のいく音が出せたのは初めてかも知れません。



ついに明日は、今回のオーディオ大改造の主役であるA-A9MK2が届きます!!!!
ようやく・・・ようやく買えたよ・・・!
こいつのために夏休み返上でバイトしたんだっけ。
う~む。感慨深いな・・・w

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。