スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pioneer A-A9MK2 開封レビュー

ついに念願のA-A9MK2を手に入れました!
自分の財布で、人生で2番目に大きい買い物。
Netisという店で94,700円で購入。
この店、送料はもちろん、代引き手数料まで無料なので、すごくオススメです。

写真でもちょこちょこ入れながら軽くレビューしてみます。
撮影は毎度のことながら、リコー CX1です。

※カメラ自体は良いものだと思いますが、僕の下手撮影のため、あまり綺麗に撮れていません・・・。
誰か撮影技術教えてくだしあ><

A-A9MK2はPioneerのインテグレーテッドアンプ(プリメインアンプ)のフラッグシップモデルであり、これの前代機のA-A9でPionnerはピュアオーディオ回帰を果たしたそうです。僕がオーディオに興味を持ったのは最近のことなので過去のことは分かりかねますが^^;
下位機であるA-A6MK2との最も大きな違いとしては電源部に2機のトロイダルトランスが使われていることです。(A-A6MK2はEIトランス)
また、A-A9MK2はUSB-DACを内蔵していることも個人的には大きな要素でした。

さて、前置きはこれくらいにしておいて。

RIMG0388.jpg

外箱です。
特に変わったことはありません(笑)


RIMG0390.jpg

開封しました。
内容物は至ってシンプル。
付属品はリモコンと電源ケーブルだけです。

できれば、RCAケーブルが付属してて欲しかったなぁ・・・。
え?こんなアンプ買う奴はどうせ付属品なんか使わないって?
まー、本来はそうですよね・・・w


RIMG0393.jpg RIMG0397.jpg

まさにピュアブラック。
そして、漆黒の中に光る“Pionner”の銀色文字・・・。
カッコ良すぎるぜ・・・まったく。

プラズマテレビKUROを連想させます。
そもそも僕がPioneerというメーカーに憧れを持ったのはKURO。
KUROは高嶺の花だったのですが、こういう形でPioneerの製品、しかもフラッグシップ機を所有できるなんて感無量です。
将来の夢はKUROを所有すること!だったのですが・・・。撤退しちゃったものね・・・。

直接、外観には関係ありませんが、少し苦言を。
こいつの液晶パネルはブルーLEDのバックライトが備わっており凄く綺麗なのですが、視野角が少々狭い。
正面を90度として、左右45度ずつ以上では液晶はかなり見辛いです。
まぁ、本来正面に置いて使うことを想定してるはずだから、しょうがないことなのかも知れませんけどね^^;
とりあえず、僕の視聴位置では全く見えないということで。


RIMG0400.jpg RIMG0401.jpg

リアの端子郡です。
それぞれの端子が金メッキされているのは当然として、個人的に良いなぁと思ったのは銅製のネジですねw
この銅製のネジがすごく高級感を醸し出していると思うんですよ。
銅はインシュレータなどにも使われるので、音響的にも良い材料なんだろうし。

あと、ものすごく立派なスピーカーターミナルが備えられています。
うちのスピーカーには勿体無い代物ですね(苦笑)


RIMG0405.jpg

リモコンは金属製で高級感がありますねー。
コンパクトにまとめられた良い操作感だと思います。
どの入力へでもワンタッチで切り替えられるのが素晴らしい。


RIMG0403.jpg

付属の電源ケーブルです。
なかなか太くて立派な電源ケーブルですね。
僕は電源に拘るつもりはありませんが、立派なものを使うと気分が違います(笑)
・・・OA用の電源タップに差し込むのを躊躇わせました(苦笑)


こんなところですかねぇ。
本機はTechnics SB-6に繋げています。
音質については、こんなクラスのアンプを使ったことがないので、詳しいレビューとか出来ません^^;
まだ小音量でしか鳴らしていないのですが、前とは結構違う気がします。
特に超小音量で聴いたときの差は歴然で、音量不足が音楽の質を下げないんですよね。
なんというか、音量が下がったからといって、音楽がつまらないということにはならない、って感じなのかな。
こんな音量でも音楽鑑賞を楽しめたんだ・・・、と驚きました。
曲にもよるんでしょうけど、あくまでも前の環境(TA-330ES直結)との比較ということで。

開封直後に鳴らしたときは「あれ?」と思うくらい微妙だったのですが、しばらく慣らし運転をしたところ、そこそこ落ち着いてきた感じですね。
まだまだエージングで化けるのかな?楽しみです。


あと、ヘッドホンAKG K601も鳴らしてみました。
ヘッドホンアンプ(HPA)のHA400を手放してから、ずっと放置してあったんですよね・・・^^;
まぁ、しばらくスピーカー派でしたし。

久々に鳴らしたK601ですが、すごく良い感じで鳴ってくれます!
HA400よりかなり良いな、これは。
まぁ、そりゃあ3,000円と100,000円だからねぇ^^;
いくらHPAじゃないとは言っても、値段差は伊達じゃないな~。
当然ながら、音量の取りにくいK601でも、十分に鳴らすことが出来てます。
HA400はこんなに抜けの良いクリアな音じゃなかったし、音場もこんなに広くはなかった。
何かHPA欲しいなぁと思ってたけど、ヘッドホンのハイエイド機ってこれくらいしか持ってないし、これだけの音質が得られれば満足だわ^^


最後にA-A9MK2のUSB入力も使ってみたので、一応レポ。
設定は至って簡単。
USBケーブルを繋いで、コントロールパネルでUSBオーディオとして設定するだけ。
それで普通に音が出ます。

設定するときに謎なのが、コンパネ上の表示で製造元がONKYOになっているというw
ONKYO製のDACを使ってるのかな?w
ちなみにDACチップはBur-BrownのPCM2702となっています。
コンパネでここまで分かるんですねぇ。
そこにも驚いた。

ニコ動とか見てましたが、SOUND RETRIEVER機能がかなり役に立ちますね~。
SOUND RETRIEVERは高音補正技術のひとつです。
音質の悪い動画でも聞ける音質になっちゃうので、驚いたもの。
普通にCD聞いてるときに使ったら気持ち悪い音になりますが・・・w
ってか、K601でニコ動見るの初めてだわw
なかなか行けるね!
SOUND RETRIEVERが無けりゃきついけど^^;
最近はあんまり聞いてなかったニコ動のボカロ曲とか、K601で巡ってたりw


開封レビューどころか、いろいろ書いちゃった件。
しょーがないよ、感動しすぎていろいろ書きたいことあるんだもんw
まだまだA-A9MK2で遊びたい。
でも、そろそろ良い子は寝る時間なので、寝るとしましょう。

A-A9MK2のおかげでいろいろ世界が変わりました。
すげぇ良い買い物した気がするよ!
ありがとう、Pioneer!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みすとる

Author:みすとる
某技科大修士卒の社会人

ルーテシアRS(Ⅳ)オーナー

車、オーディオ、旅行のことなど書いていこうかと


ついったー
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
カテゴリ
この大空に、翼をひろげて
FLIGHT DIARY
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。